【北海道2015】風蓮湖・春国岱(しゅんくにたい)

風蓮湖・春国岱(しゅんくにたい)


今回の旅の目的はバードウォッチングと、北海道の大自然に触れること、
もちろんグルメも楽しみたいけれどね。
今まで訪れたことのない所を中心に回っているので、メジャーなところにはほとんど立ち寄っていません。

春国岱
北海道根室市の風蓮湖と根室湾を分ける砂州で形成された面積約600haの湿地及び原生林である。
有史以来ほとんど人の手が入っておらず、高い原始性を保持しており、多様な植生、野生動物を見ることが出来る自然景勝地である。
Wikipediaより

春国岱(しゅんくにたい)の名前の由来は、アイヌ語のエゾマツ林のある小高い所を意味する
スンク・ニッ・タイ からきていると言われています。

e0241093_16273810.jpg


e0241093_1628163.jpg



e0241093_8471043.jpg



e0241093_16291451.jpg



木道を歩いて行けますが、木道の破損があり、途中までしか行けませんでした。



e0241093_16293425.jpg



ここで見た鳥

カワラヒワ

e0241093_16304710.jpg



e0241093_16305876.jpg



はるか先には、アオサギやチドリ類がいましたが、遠すぎて見るのがやっと。
保護されているからたくさんいるのよね。近づけ無くても仕方ない。

木道ウオーキングして帰りました。
[PR]

by tabi-omoide | 2015-09-04 15:00 | 北海道2015