【フィンランド&バルト3国2015】リトアニア・ヴィリニウス2  市内観光

リトアニア・ヴィリニウス市内観光

リトアニア南東部にあるヴィリニュスの歴史は、リトアニア大公ゲディミナスが首都トラカイから狩りに来た夜に、鉄の鎧を着た狼の夢を見たことに始まり、ゲディミナス大公の命により、このネリス川沿いに新都が築かれました。
旧市街としてはヨーロッパ最大を誇り、迷路のように入組んだ町にはゴシック、ルネッサンス、そしてバロック様式の建造物が多く残されています。
このヴィリニュスの旧市街は「歴史地区」として、1994年に世界ユネスコ文化遺産に登録されました。

聖ペテロ&パウロ教会

e0241093_9143594.jpg

建物そのものは1668年から7年かけて作られたが、内装にはその後30年かかったそうだ。
それもそのはず、
教会内部の天井から壁画を埋め尽くす漆喰彫刻には圧倒されます。



e0241093_224316.jpg




e0241093_2252159.jpg




e0241093_2254246.jpg




e0241093_226471.jpg




e0241093_2262210.jpg




e0241093_2265575.jpg




パイプオルガンも白

e0241093_22114782.jpg



大鎌をを持ち、この世の権力を踏みにじる死神

e0241093_2212731.jpg





夜明けの門

もとは9つあった城門が今は一つだけ残っている。
城外から見た門 上のほうにあるのはリトアニアの紋章

e0241093_22243139.jpg



e0241093_2222784.jpg




門をくぐった城内

e0241093_22302738.jpg




城内側からの門
17世紀カルメル会修道士が門の上に礼拝堂を建立
奇跡を起こすとされた聖母マリアのイコンを設置

e0241093_22224269.jpg




e0241093_22314061.jpg




e0241093_2232495.jpg




ゲディミナス城

1323年ころ、ゲディミナス大公はヴィリニウスに遷都し、丘の上に城を築いた。
17世紀にロシアとの戦争で破壊され、
今はゲディミナス塔と呼ばれる西側の塔と城壁が残っている。

e0241093_22482663.jpg



塔のあるところは展望台になっていて、ケーブルカーで上がります。

e0241093_2248584.jpg



上から見た新市街側

e0241093_2250978.jpg



e0241093_22505393.jpg



城壁の一部

はるか右手に3つの十字架の丘が見える。

e0241093_22511829.jpg



3つの十字架の丘
16世紀にこの丘の上で布教に来たフランシスコ会の宣教師7人が異教徒に殺され、
3人が磔にされた。
彼らを追悼して十字架が建てられた。

e0241093_2303725.jpg



旧市街側

e0241093_22515411.jpg



e0241093_22523092.jpg



塔 三色のリトアニア国旗

e0241093_22532362.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-07-03 21:00 | フィンランド&バルト3国2015