【信州2013】長野・善光寺

昔、欲張りなおばあさんが、川で布を洗っていると、牛が角に布をひっかけて逃げて行ったそうな。
牛の後を追いかけて行くと、善光寺にたどり着き、思いがけずお参りをしたおばあさんは
改心して信仰を深めたと言われています。

それが、牛にひかれて善光寺参り の由来だとか


仁王門

e0241093_9141894.jpg


この日の善光寺は雨が降ったりやんだり。
しっとりとしたいいかんじですね。


山門

e0241093_9145356.jpg


e0241093_9151776.jpg



国宝 善光寺本堂

江戸時代中期を代表とする仏教建築
間口24m、高さ30m、奥行き54mという壮大な伽藍は東日本最大。

e0241093_9133637.jpg



善光寺は特定の宗派に属してない、
仏教のどんな宗派の人でも参拝すればご利益があるというお寺です。

本堂の床下にある、真っ暗な通路を巡る
「お戒壇巡り」をしてきました。
極楽の錠前に触れると極楽往生が約束されるそうです。

真っ暗な通路を巡ることは、
死の疑似体験と、光のありがたさを知るという意味もあるのだそうです。

本当に真っ暗。
懐中電灯・携帯電話の光源なんていう現代的なものはもちろん使用禁止です。


e0241093_9454690.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2013-07-30 09:15 | 信州2013