【インド2012】旅行7日目ジャイプール市内観光・シティパレス

ジャイプールの旧市街は別名ピンクシティ

これは1876年に英国の王子の訪問を歓迎する為、建物をピンク色に塗り替えたのが始まり。
それ以降、ピンクの塗装が伝統となった。

街の風景


e0241093_9293141.jpg





e0241093_929687.jpg




e0241093_9305955.jpg



e0241093_9312093.jpg



e0241093_9313928.jpg




風の宮殿

姿を見られることを禁じられていた宮廷の女性たちが、
ここから街の様子や、祭りの風景などを見下ろした。

e0241093_9321464.jpg








シティ・パレス

アンベールからの遷都を行なった、サワーイ・ジャイ・スィン2世によって建設された王宮

現在もマハラジャ一家が居住していて、一部を公開している。


前日に通りかかった時は晴れていたのですが、
時間の関係で翌日改めて訪れた時は雨でした。


e0241093_9341380.jpg



e0241093_9344528.jpg



e0241093_935126.jpg




雨に濡れた宮殿

e0241093_9371747.jpg




ディワーネ・カース(貴賓謁見の間)


e0241093_935409.jpg



e0241093_936597.jpg



巨大な銀の壺はマハラジャがイギリス訪問の際、
沐浴のためにガンジス河の水を持って行った時のもの。

世界で一番大きい銀製品

e0241093_936311.jpg




e0241093_9365168.jpg





ホテルや、観光局、駅のある新市街では、
交差点はイギリスの影響でロータリーの所もある。

e0241093_930085.jpg



近代的な建物もチラホラ

e0241093_9302664.jpg



病院?

e0241093_10595612.jpg




大理石でできたヒンズー教の寺院
ビルラ寺院

e0241093_1102326.jpg


中にはステンドグラスもあった(内部の写真撮影禁止)
[PR]

by tabi-omoide | 2012-09-11 09:00 | インド周遊2012