【インド2012】旅行5日目世界遺産タージ・マハル

ツアーのプログラムに、
女性はサリー、男性は民族衣装を着てタージ・マハルを観光すると書かれていました。

この日、真っ先に向かったのはサリー等の民族衣装のお店です。


サリーは長さ6mの布を巻きつけて着るので、色・柄を選べばサイズは関係なし。



そして変身!


e0241093_9113772.jpg



ムガール王朝第5代皇帝シャー・ジャハーンが
最愛の王妃ムムダス・マハルのためにたてた霊廟

22年の歳月と膨大な費用をかけて作られた



メインゲートへ至る門

e0241093_912191.jpg



e0241093_9122313.jpg



メインゲート

e0241093_9124546.jpg


e0241093_9131137.jpg




水を配したペルシア風の庭園

怪しげに民族衣装を着た夫婦(笑)

e0241093_9371399.jpg




白大理石の人を圧倒する世界一豪華な墓


e0241093_9133829.jpg



e0241093_9175045.jpg





細部の細かい花のレリーフや、貴石をはめこんだモザイク

e0241093_9165898.jpg


有名な世界遺産だけに観光客は世界各地から来ている。もちろんたくさんのインド人もいる。
入口も違うけれど、インド人と外国人では入場料もかなり違うらしい。

大理石を傷つけないために、
インド人ははだしで見ている人たちが多く、外国人は靴カバーをつけての見学でした。



まわりを囲む柵の上にいた鳥

e0241093_9191147.jpg






タージ・マハルのビューポイントは、あちこちにあって、
丘の上で紅茶を飲みながら見た タージ・マハル

e0241093_9193031.jpg






タージ・マハルの裏手にはヤムナー川という川が流れている。
その対岸から見たタージ・マハル


e0241093_9195526.jpg



川には水牛を連れている少年

e0241093_9202059.jpg



水牛とタージ・マハル
e0241093_9203873.jpg




王妃のためにこれだけのお墓を作った王様シャー・ジャハーン本人は
このヤムナー川の対岸に自分の墓を黒大理石で作る予定だった。

しかし、帝位を狙う3男のアウラングゼーブによって、王は幽閉されてしまう。

このあとは、その王が幽閉されていたアグラ城へと向かいます。
[PR]

by tabi-omoide | 2012-09-06 09:00 | インド周遊2012