【関宿・坂東】野田市関宿(せきやど)・鈴木貫太郎記念館

終戦時の内閣総理大臣・鈴木貫太郎記念館を訪れました。

千葉県野田市関宿(せきやど)町にあります。
関宿というのは、千葉県の北西の先端、利根川と江戸川の合流したところにあって、
その川の向こうは茨城県と埼玉県と栃木県があるという、千葉県の中でも端っこです。

鈴木貫太郎は幼少時と晩年を千葉県野田市関宿で過ごしたということで、
業績を広く紹介するために記念館ができました。

為萬世開太平
という碑が建っています。




e0241093_20585744.jpg

その下には



終戦時内閣総理大臣・鈴木貫太郎記念館 と書かれています。



e0241093_20593798.jpg




海軍時代の制服

海軍省人事局長・海軍次官・練習艦隊司令官・海軍大将を経て軍令部長となる。



e0241093_210297.jpg




本人の肖像画

e0241093_210295.jpg





奥様(鈴木たか)の肖像画と衣装

たかは皇孫教育御用掛として、昭和天皇等の養育にあたっていたそうです。



e0241093_2105646.jpg





侍従長になり、枢密顧問官を兼ねる。

侍従長のときに2.26事件に遭遇、銃撃されるが、一命を取り留める。



e0241093_2112776.jpg




侍従長を辞す。
男爵位を授かる

男爵位状

中央には天皇陛下のサイン



e0241093_21296.jpg



昭和20年4月、内閣総理大臣になり、
同年8月、2度の御前会議で、ポツダム宣言受諾が決定

終戦の勅書


e0241093_2124181.jpg




最後の御前会議の絵画の説明。
絵画そのものもありましたが、大きくて写しにくかったので説明の方です。



e0241093_213886.jpg





その3年後、関宿の自宅にて逝去(享年81歳)

没後、終戦に関する功績から最高位階である従一位を贈位される。




記念館には、数々の書簡や、油彩画、戦後の日記、
愛用の品物・ソファなどが展示されていました。




もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
[PR]

by tabi-omoide | 2011-11-01 09:53 | 関宿・坂東2011