タグ:美術館・博物館 ( 29 ) タグの人気記事

【広島2015】しまなみ海道・ドライブ編2 生口島・平山郁夫美術館など

生口橋を車で渡り生口島に入ります。

e0241093_939776.jpg




平山郁夫美術館

瀬戸田町出身の日本画家・平山郁夫の子供時代の作品やシルクロードの大作などを展示しています。
幼少年期や青年期の作品によって、故郷・生口島の風土がいかに画家の感性に影響を与えたか、いかにして画家になったかを知っていただけます。
その他、作品制作の上で重要な一過程で本画と同じ大きさで作られる最終的な下絵-大下図-の展示も見どころです。

観光協会のHPより


e0241093_939246.jpg


e0241093_9394691.jpg



館内は撮影禁止なのでパンフレットだけ載せておきます。

入場券
e0241093_947827.jpg


常設展案内

e0241093_947415.jpg


e0241093_9484376.jpg



特別展案内
e0241093_949829.jpg


e0241093_9494148.jpg




しまなみ海道を描いた「天かける白い橋」のクリスタルアートをお土産に購入しました。

e0241093_10123821.jpg




e0241093_9525283.jpg




e0241093_10102081.jpg




生口島 瀬戸田サンセットビーチ

e0241093_10142642.jpg


自転車の駅
前日はもっとにぎわっていたけど、雨だとほとんど人はいない。

e0241093_10144868.jpg



e0241093_1015534.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-10-01 10:00 | 広島2015

【広島2015】しまなみ海道・ドライブ編1 因島村上水軍城

前日のしまなみ海道は自転車で走り抜けることを目標にしていたため、
一切観光せずに通り過ぎました。

せっかく来たのだから、色々と見て回りたい。
天気予報通り雨が降ったりやんだりだったので、今度は車での観光です。

しまなみ海道・ドライブ編


自転車では通れない向島に渡る橋

e0241093_13182337.jpg



車ではあっという間に因島に到着

e0241093_1326314.jpg




因島村上水軍城


昭和58年、水軍のふるさと因島に築城された、全国でもめずらしい城型資料館です。村上水軍は南北朝から室町戦国時代にかけて、この辺りの海路を制覇し、水軍王国として活躍しました。八幡大菩薩の旗を掲げ、朝鮮半島から中国、東南アジアまでその名をとどろかせました。本丸には武具、遺品、古文書などの歴史資料が展示され、展望台を兼ねる隅やぐらは船の資料館となっています。

広島観光なびより

e0241093_13293949.jpg


自転車で来なくてよかった!急坂

e0241093_13301393.jpg



植え込みで水軍と書かれています。
e0241093_1330345.jpg







e0241093_13353334.jpg




e0241093_13354919.jpg




館内は撮影できません

e0241093_1339710.jpg


e0241093_13392547.jpg


e0241093_13393779.jpg


e0241093_13395771.jpg


e0241093_13401398.jpg


e0241093_13402919.jpg




パンフレット、入場券

e0241093_1434943.jpg



e0241093_9443478.jpg


e0241093_14342557.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-09-30 10:00 | 広島2015

【台湾・高雄2015】国立科学工芸博物館

日中は暑くてアウトドアの行動には不向き。避暑もかねてインドア施設に行きました。

国立科学工芸博物館

科学・バイオテクノロジー・水の話・航空産業などなどのコーナーがありました。

でも表記の大半が中国語。想像はつくけれど理解するには無理がある言葉の壁でした。

e0241093_8513862.jpg


唯一楽しめたのが体験コーナー
飛行体験一人30元とか
戦闘機に乗って操縦桿を持ってミサイル発射する任務を遂行するもの。これも一人30元

係りの人が日本語が話せたのでなんとかチャレンジできました。

e0241093_8521479.jpg



e0241093_955975.jpg



e0241093_96259.jpg



e0241093_911356.jpg


e0241093_965537.jpg



e0241093_971345.jpg



e0241093_973244.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-04-12 10:00 | 台湾・高雄2015

【乃木坂2014】オルセー美術館展・乃木神社

新国立美術館でオルセー美術館展~印象派の誕生~を見てきました。

写真は撮れないので、パンフレットより。


エドゥアール・マネ 「笛を吹く少年」

e0241093_92280.jpg



クロード・モネ 「草上の昼食」

e0241093_858764.jpg



ジャン=フランソワ・ミレー 「晩鐘」

e0241093_923829.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



新国立美術館を出て
乃木坂を散策してきました。

乃木神社

明治45年(1912)7月30日明治天皇が崩御せられ、御大葬の大正元年9月13日御霊轜(棺を乗せた車)が宮城を出発する号砲が打たれた午後8時過ぎ、乃木希典将軍と妻静子夫人は先帝に殉じて自刃を遂げられました。
乃木邸内の小社に御夫妻の御霊をお祀りし、
大正8年(1919)には乃木神社創立の許可がくだり、明治神宮創建の後御造営の事業が起こされ、大正12年(1923)11月1日鎮座祭が斎行されました。

                       乃木神社HPより



e0241093_925959.jpg



e0241093_931430.jpg





e0241093_933598.jpg




旧乃木邸



e0241093_941136.jpg



e0241093_944351.jpg


e0241093_9244611.jpg


e0241093_96110.jpg



馬小屋


e0241093_95823.jpg



e0241093_952640.jpg



辻占いの少年との銅像

e0241093_9153959.jpg


e0241093_9162049.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-10-24 09:00 | 東京散策

【島根2014】境港・水木しげる記念館

今回は島根県の旅行ですが、ちょっこし足を伸ばして、隣の鳥取県の境港に行きました。


まずは
水木しげる記念館
漫画家で妖怪研究家でもある、境港市出身の水木しげる氏の記念館。

e0241093_10462737.jpg



e0241093_1047454.jpg



トイレの入り口表示が 鬼太郎とねこ娘になっている!

e0241093_10495558.jpg




e0241093_10513159.jpg




e0241093_1052691.jpg



e0241093_10522658.jpg




e0241093_10525258.jpg



水木しげるは海外のあちこちで現地ならではのお面や人形などを買ってきた。
値段は自分で評価して決めて、相手は水木しげるの雰囲気に負けて、
その値段で売ってくれたらしい。

e0241093_1053138.jpg



e0241093_10532829.jpg





鬼太郎の家 

e0241093_10541589.jpg



e0241093_10543320.jpg




e0241093_10545651.jpg





e0241093_10551980.jpg






e0241093_1134864.jpg



パンフレットと入場券


e0241093_1105550.jpg



e0241093_1141022.jpg



========================================

昼食は
水木しげるロードにある まぐろラーメン本舗さんにて


本まぐろラーメン

e0241093_110057.jpg





じゃこ塩ラーメン

e0241093_10594010.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-10-14 09:00 | 島根2014

【島根2014】足立美術館

足立美術館

「庭園もまた一幅の絵画である」足立美術館の創設者の言葉です。

5万坪の大庭園と
横山大観をはじめとする近代日本画、北大路魯山人の陶芸などなどを見て
静かなひとときを過ごしてきました。

作品は撮影禁止。
庭園の写真は撮りましたが、実際に見るほうがずっと感慨があります。



2003年から11年連続庭園日本一に選ばれたという庭園は
雨に濡れてしっとりとした落ち着いた雰囲気を充分味わうことができました。



e0241093_10213841.jpg



e0241093_10221683.jpg




茶室
e0241093_1023732.jpg



苔庭

e0241093_102462.jpg



e0241093_10244994.jpg



窓からの景色が絵のようです

e0241093_10252199.jpg



e0241093_1026195.jpg




この日は雨が降ったりやんだり
枯山水庭園

e0241093_10323986.jpg


e0241093_1027265.jpg




生の額絵

e0241093_10274960.jpg





亀鶴の滝

e0241093_10282779.jpg




生の掛け軸

e0241093_10492190.jpg




池庭

e0241093_10285925.jpg




e0241093_10292731.jpg





白砂青松庭
横山大観の「白沙青松」をイメージして作られた庭園

e0241093_10301333.jpg


e0241093_1031896.jpg





e0241093_10314688.jpg





作品の写真は撮れませんが特別展示のパネルは写真撮影OKでした。

e0241093_10373510.jpg




パンフレット・入場券

e0241093_10381011.jpg



e0241093_10382730.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-10-13 09:00 | 島根2014

【島根2014】島根県立古代出雲歴史博物館

島根県立古代出雲歴史博物館

島根の古代から現代に至る人々の生活と交流を紹介しています。

出雲大社と神々の国のまつりコーナー


古代出雲大社の10分の1の復元模型

平安時代にはたかさ16丈(48m)だったという言い伝えや絵図に基づいて作られている。

e0241093_1325824.jpg




e0241093_1331999.jpg




前回の遷宮の昭和28年(1953年)の出雲大社遷宮の時に
本殿から降ろされた千木(ちぎ)と勝男木(かつおぎ)

ナナメに建つのが千木で長さ8m30cm 重さ500kg
勝男木は重さ700kg


e0241093_1334133.jpg





体験コーナー
黄金の太刀のレプリカに触れてみた。

e0241093_134221.jpg



e0241093_1342246.jpg





島根の人々の生活と交流コーナー

古代から日本独自に発達した鉄づくりの技術たたらで使われた天秤ふいご

体験模型に乗ってみる


e0241093_1321679.jpg



e0241093_1323545.jpg






青銅器と金色の太刀コーナー

国宝銅剣・銅鐸・銅矛の展示


荒神谷遺跡(こうじんだにいせき)から
358本の銅剣、16本の銅矛、6個の銅鐸が出土された。
一か所からの出土は日本最多


パンフレットの写真より

e0241093_1311333.jpg





e0241093_1312867.jpg




入場券(610円)とパンフレット

e0241093_12583629.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-10-07 09:00 | 島根2014

【山形2014】山形県郷土館・文翔館

山形県郷土館・文翔館
は国指定重要文化財「旧県庁舎および県会議事堂」です


e0241093_9542223.jpg



明治10年に山形県庁舎が、16年に県会議事堂が建設されたが
明治44年の山形市北大火により焼失。
大正5年に復興。

昭和50年まで県庁舎として使用されたが、県庁移転後、文化財として保存。
昭和61年から平成7年に及ぶ修復工事が行われた。

時計塔も創建当時のものに復原された。

e0241093_9543617.jpg






e0241093_9544834.jpg



漆喰飾り天井・シャンデリアなどできるだけ復原

e0241093_955258.jpg




ステンドグラス入りのついたてもありました。

e0241093_95578.jpg




現在は建物の一部公開のほか、ホール・会議室として貸し出されています。


e0241093_1015598.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-08-04 20:00 | 山形2014

【山形2014】紅花資料館

紅花資料館(旧堀米邸)

かつては最上川の水運によってもたらせれた京文化を開花させながら、
米と紅花で栄えた土地だった。

e0241093_22143856.jpg



e0241093_2215026.jpg




邸内の敷地面積は3106坪あり、武者蔵・御朱印蔵・長屋門・庭園など
往時の姿を保存するため、修復整備して紅花資料館として開設した。

e0241093_22152324.jpg




e0241093_22154410.jpg



e0241093_2216330.jpg



山形での紅花栽培は室町後期からなされ、染料として
貴族のあでやかな衣装や、口紅として重宝された。

特に山形の紅花は「最上紅花」とよばれ、品質が良く
米4俵が1両の時、同じ重さで百両もしたという。



e0241093_22162465.jpg



e0241093_22164647.jpg



e0241093_2217554.jpg


e0241093_22172775.jpg




7月中旬の庭園は紅花はもう旬を過ぎ、紫陽花が咲いていました。


e0241093_2217442.jpg




古代蓮

e0241093_2218035.jpg




e0241093_22181537.jpg



e0241093_2218312.jpg



休憩所に活けられてた紅花

e0241093_22211876.jpg





入場券

e0241093_9354279.jpg



ここで買った紅花染のスカーフ

e0241093_943381.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-08-03 08:00 | 山形2014

【ポーランド・チェコ2014】プラハ市内観光3~成田

プラハ旧市街広場

e0241093_1051416.jpg



e0241093_1054668.jpg



e0241093_1014491.jpg




火薬塔
かつて城壁の門だった。
17世紀に火薬倉庫として利用されたためこう呼ばれるようになった。



e0241093_10143260.jpg



e0241093_1015277.jpg



市民会館
内部はムハなどによる、アールヌーボーの華麗な装飾が施されていて、
ガイドツアーで見学できるようになっている。

e0241093_10152865.jpg




e0241093_10155474.jpg




市民会館より火薬塔

e0241093_10163287.jpg



ムハ美術館
アールヌーボーを代表する画家、アルフォンス・ミュシャ(チェコ語の読み方ではムハ)の家族によって保管されてきた作品を見ることができる。

e0241093_1017330.jpg




e0241093_10172533.jpg




e0241093_10185953.jpg



旧市街広場にあるミクローシュ教会

e0241093_1019292.jpg



e0241093_10201279.jpg



ここでは夕方にパイプオルガンのコンサートがあり、
当日でもチケットが入手できたので聞いてきました。

e0241093_10203342.jpg



e0241093_10212100.jpg






国立マリオネット劇場でモーツアルトの魔笛も楽しんで来ました。
(事前にホテルで予約したけれど、当日券もあったようです)

e0241093_10214852.jpg





噴水公園

e0241093_1024166.jpg




===========================================


この日の夕食は創業1499年のプラハで最古のビア・ホール「ウ・フレク」にて


e0241093_1024421.jpg


この店のおすすめメニュー

豚ひざ肉のロースト
大きな塊にナイフがささっています。2人でシェア

e0241093_10245864.jpg




e0241093_10251769.jpg



e0241093_10253346.jpg



e0241093_10255236.jpg




プラハ最後の夜でした。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


帰りはまたヘルシンキ経由で帰国です。

JAL の機内食

和食と洋食のチョイスだったのに、和食が品切れだった。
後部座席の悲哀(笑)

e0241093_10584367.jpg



e0241093_10585592.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-07-29 10:00 | ポーランド・チェコ2014