タグ:バードウォッチング ( 58 ) タグの人気記事

【白樺湖2015】御泉水自然園(ごせんすいしぜんえん)&北澤美術館

御泉水自然園(ごせんすいしぜんえん)に行きました。


長野県が明治100年記念事業第一号として開設した自然園。
蓼科山の中腹、標高1,830mに広がる自然園は、約300種類の高山植物と、50種類の野鳥たちの宝庫です。総面積169haの園内を巡る散策コースも整備されており、のんびり気ままな自然探索をお楽しみ頂けます。山男、山女におすすめ!!

HPより

まずは木道を通っての御泉水コース

e0241093_9521791.jpg



e0241093_953378.jpg




花も

e0241093_9533916.jpg



鳥も・・・いるはず。


e0241093_9582683.jpg





鳥の声はすれども姿はなかなか見せてくれません。
声も春ゼミの声にかき消されて聞き取りにくい!

やっと見つけた キセキレイ

e0241093_9545824.jpg




泳いでいるのも道を歩いているのもカルガモ、近づくと逃げちゃいました。

e0241093_1259458.jpg




コガラ

e0241093_9552873.jpg



滝を見に行くコースは木の階段を30分ほど下ります。

ってことは帰りは登り・・・なんてことは考えない(笑)

e0241093_957985.jpg



e0241093_9572569.jpg



e0241093_957508.jpg



e0241093_105434.jpg


自然に親しみ、山道のアップダウンもあって一汗かいてきました。


その後諏訪湖に出て

e0241093_1321634.jpg



e0241093_1324651.jpg



遅めの昼食にそばを食べて、

e0241093_13382.jpg




北澤美術館によってきました。
今はルネ・ラリック展をやっていました。

e0241093_133224.jpg


e0241093_134307.jpg



e0241093_1344133.jpg




1泊2日の限られた時間で、自然に触れ、おいしいものを食べて充実の2日間でした。
[PR]

by tabi-omoide | 2015-06-08 20:00 | 白樺湖2015

【白樺湖2015】北八ヶ岳ロープウエイと坪庭散策

北八ヶ岳ロープウエイ乗り場はスイスの山小屋を思わせるイメージ


e0241093_98185.jpg



e0241093_993790.jpg





この日 地上は30度近くあったらしいけれど、
山頂は10度だって!

e0241093_9112968.jpg



e0241093_9115183.jpg



山麓駅の標高1771m

e0241093_9101755.jpg




山頂は標高2237m ロープウエイは7分で登ります。


e0241093_9182520.jpg




33万㎡の坪庭を歩きました。


e0241093_919797.jpg



北横岳への登山道

e0241093_9212844.jpg


e0241093_9205494.jpg




コイワカガミ

e0241093_9193333.jpg



e0241093_920541.jpg







ここでの鳥は

ルリビタキのメス

e0241093_9221950.jpg



e0241093_922531.jpg



e0241093_923566.jpg



ルリビタキのオスも見てみたかったな~




キセキレイ

e0241093_925473.jpg




e0241093_9235327.jpg




散策後はロープウエイで降りました。



e0241093_9261330.jpg



e0241093_1062077.jpg



e0241093_1063699.jpg








白樺高原展望台より

e0241093_9474894.jpg



車山方向

e0241093_948976.jpg




ここで見た鳥

ビンズイ


e0241093_9485385.jpg



e0241093_9492011.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-06-08 10:00 | 白樺湖2015

【白樺湖2015】甲府・ほうとう皆吉(みなき)さん

友人2人と一緒に長野に行きました。

途中甲府に立ち寄り、葡萄工房ワイングラス館に寄ったあと、ほうとうの昼食です。

お店は「皆吉(みなき)」さん



e0241093_1025353.jpg



古い民家を利用しているお店です。

入口の松

e0241093_1026534.jpg




e0241093_10282013.jpg




e0241093_10263466.jpg



室内

e0241093_10291314.jpg



きのこほうとうです。
たっぷりの野菜ときのこ あつあつ~

隣にあるのは葡萄ジュースです。


e0241093_22591444.jpg




その後は諏訪に移動です。

天気が良いから八ヶ岳もよく見えます

e0241093_11103031.jpg




e0241093_11104164.jpg






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



鳥との出会い

ノスリ

e0241093_11113428.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-06-06 10:00 | 白樺湖2015

【ギリシャ2015】国立庭園2&古代のアゴラ&ローマ時代のアゴラ

アテネでの最終日に再び国立庭園を訪れました。

バードウォッチング

このこはだあれ?

e0241093_10121928.jpg


e0241093_10124676.jpg



e0241093_10131587.jpg




クロウタドリかな?

e0241093_10134980.jpg



e0241093_10142628.jpg



シンタグマの広場のそばにある広い公園は市民の憩いの場

朝から走っている人もいっぱいいました。
そんな公園に無造作にあった遺跡の一部
いかにもギリシャですね。

e0241093_10145436.jpg


公園には小動物がオリの中にいるコーナーもありました。

e0241093_10223575.jpg



e0241093_1023167.jpg



e0241093_10235754.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



古代のアゴラ
に行きました。

アゴラとは市場とか広場の意味です。

古代アゴラはかつて、古代アテネの中央市場として、また、街の中心地として栄えた場所で、
複数の柱廊には商店や彫像が並んでいました。

アテネ人が、政治について論じたり、買い物をしたりした古代柱廊や神殿。
アゴラは商業、政治、軍事、宗教に関する活動を行う場として使われ、かつては 9 軒の教会が建っていましたが、今残されているのはアギイ アポストリ教会のみです




e0241093_1017426.jpg



e0241093_10252789.jpg


4本の柱のむこうはアクロポリスの丘のパルテノン神殿です。

e0241093_10172442.jpg



e0241093_10255120.jpg



e0241093_102624100.jpg




モザイクも一部残っていました。

e0241093_1027510.jpg






古代のアゴラに亀がいた

e0241093_10274144.jpg



e0241093_1027599.jpg




そしてここでも鳥との出会い


イエスズメのメス


e0241093_1028442.jpg



e0241093_102941.jpg




スズメだけど、日本にいるのとは違う

イエスズメのオス

e0241093_10292386.jpg


e0241093_1030741.jpg




カササギ

e0241093_10303725.jpg



e0241093_10312924.jpg



e0241093_1031494.jpg



はばたくと白が目立ちます

e0241093_10351877.jpg





ローマ時代のアゴラ

ギリシア時代のアゴラ(アテナイのアゴラ)が手狭になったために、造られたもので、奥行き82m 幅69mの長方形の広場はイオニア式の柱廊で囲まれ商店などが入居していた。
皇帝ハドリアヌスが定めた『オリーブ・オイル売買に関する法律』に関連した碑文やオリーブ絞り器の台などが見つかっており、この付近でオリーブ・オイルの製造・販売が行われていたと推定される



後ろの風の塔は修復工事中でした。

e0241093_11315572.jpg



e0241093_11321550.jpg






アテネ市内で
パルテノン神殿・ゼウス神殿・古代のアゴラ・ローマ時代のアゴラと使ってきた
共通入場券 12ユーロ

e0241093_942754.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-06-03 10:00 | ギリシャ2015

【ギリシャ2015】アテネ・国立庭園とウゼリ・スコラルヒオ

スニオン岬からアテネに戻って来たのは、5時半くらい。

遺跡見物には遅い、夕食には早いので、
シンタグマ駅に近い、国立庭園に行きました。

ここはバードウォッチングのできるところです。

このこはだあれ?

クロウタドリのメス??

e0241093_22155040.jpg



e0241093_22162784.jpg



クロウタドリのオス?
e0241093_22171678.jpg



e0241093_2218568.jpg




インコ?
遠くてこれが精一杯

e0241093_22363337.jpg


e0241093_22365581.jpg



e0241093_22372353.jpg




こちらはオリの中にいました。

外を飛んでたのと同じような違うような・・・

e0241093_22392216.jpg



e0241093_22395264.jpg




居酒屋・スコラルヒオにて

e0241093_22122451.jpg


e0241093_22125361.jpg



ここの店にはセットメニューがあって、
お酒とミネラルウオーターと料理18品のうちから選ぶものとパンとデザートがセットになっています。

1人なら料理2品チョイスで14ユーロ
2人なら料理5品チョイスで28ユーロといったシステム

たくさんの料理を持ってきて見せてくれて、指さして選べばいいので、
観光客にもわかりやすいし、均一価格なので安心でもあります。


ソーセージはアルコールをふりかけて炎が出ています。
e0241093_22421138.jpg



ドルマーデス(ご飯と肉を肉葡萄の葉で巻いたもの)とギリシャのサラダ

e0241093_22422491.jpg



ピーマン・トマトに肉とご飯を詰めて焼いたもの
e0241093_22423958.jpg



ムサカ(挽肉・なす・じゃがいものチーズ焼き)
e0241093_22425522.jpg


甘いデザート
e0241093_22435090.jpg



これにギリシャのお酒ウゾやビールをチョイス

2人で28ユーロ(¥4000弱)で満腹です。お酒が足りなければ追加オーダーすればOK


充実の1日でした。
[PR]

by tabi-omoide | 2015-05-28 10:00 | ギリシャ2015

【ギリシャ2015】メテオラの修道院

メテオラの修道院群

メテオラ(Μετέωρα)は、ギリシア北西部、セサリア(テッサリア)地方北端の奇岩群とその上に建設された修道院共同体、いわゆるメテオラ修道院群の総称である。その地形及びギリシア正教の修道院文化の価値からユネスコ世界遺産(文化・自然複合遺産)に指定されている。その名はギリシア語で「中空の」を意味する「メテオロス」(μετέωρος)という言葉に由来している

Wikipediaより



聖アギオス・ニコラウス修道院

14世紀の建設。16世紀に再建された。

e0241093_145484.jpg


e0241093_1461435.jpg



よく、こんなところに建てたもんだと思う。

e0241093_14143771.jpg



聖バルラーム修道院

e0241093_14204733.jpg



e0241093_14154975.jpg



e0241093_14274415.jpg



e0241093_1428223.jpg



中を見学しましたが、写真撮影は外観のみで、内部は撮影禁止。
中のイコンは見事なものでした。

e0241093_1421865.jpg





資材はロープと、かごで運び上げています。
ちょうど修復工事中でした。

e0241093_14313817.jpg


e0241093_14235010.jpg




修道院を見学するときには、女性はスカート着用。
短パンだろうと、長いズボンだろうと、上から巻きスカート(各修道院ごとにレンタル)をつけます。

e0241093_1433943.jpg



入場券

e0241093_16371361.jpg




聖メガオ・メテオラ修道院


メテオラ最大の修道院。中のイコンや宝物は素晴らしいとか、
この日は見学がお休みの曜日にあたり、見られませんでした。


e0241093_8264125.jpg


e0241093_812265.jpg




聖テレアード(アギア・トリアダ)修道院


15世紀後半に建設。標高565mの岩山に建ち、修道院へは140段の階段を登るそうです。

e0241093_834122.jpg



e0241093_9183989.jpg




聖シュテファノ(アギオス・ステファノス)修道院
メテオラに2つある尼僧院のうちのひとつ。

e0241093_8315758.jpg



e0241093_8313688.jpg


こちらも見学しました。
内部は新しく、色鮮やかでした。

こちらでも巻きスカートレンタルです。

e0241093_9334236.jpg



入場券

e0241093_16383672.jpg




4つの修道院が見られるというスポットから撮影

e0241093_8401783.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


メテオラで見た鳥

アオジ?セリン?

e0241093_9345781.jpg



e0241093_9351771.jpg



ズアオアトリ

e0241093_9355352.jpg


e0241093_9362235.jpg



e0241093_9364595.jpg




初めての鳥が多く、鳥はカメラ向けると逃げちゃうし、じっとしてないしで、
なかなかうまく写せません。

名前もわからないものばかり。色々調べたけれど、まだまだ知識不足です。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日の昼食はカランバカのレストランです。

e0241093_7435893.jpg


ズッキーニの天ぷらにヨーグルト・きゅうり・にんにくのソースをつけて


e0241093_7442067.jpg



サラダ

e0241093_7451749.jpg


豚肉の串焼き

e0241093_7455676.jpg



デザートは焼きりんご
e0241093_746194.jpg



昼食後はツアーのバスでアテネに向かいます。

途中休憩で立ち寄ったドライブイン


アテネのサッカーチーム「オリンピアコス」の2軍(ローカル?)らしい選手たちが来ていました。

e0241093_812439.jpg




コップ洗いのブラシのような花

e0241093_83741.jpg



ギリシャのスズメ

e0241093_841818.jpg



e0241093_855935.jpg



e0241093_861475.jpg




ギリシャにも鳩・スズメ・ツバメはたくさんいました。
日本のとはちょっと違うような・・・。
[PR]

by tabi-omoide | 2015-05-24 10:00 | ギリシャ2015

【ギリシャ2015】成田~アテネ~デルフィ

ギリシャを訪れました。
ギリシャ6日間のツアーに参加し、2泊延泊することにして8日間で行きました。

格安に行くためには、カタール航空QR807便利用のドーハ経由です。

成田から出発するすべての飛行機の中の最終便
この時は22:00出発となりました。


e0241093_1503145.jpg


座席は3-3-3配列です。たまたま3人掛けの一人空席で2人で3席使えました。

カタール航空 成田~ドーハのエコノミークラスの機内食

1回目
洋食をチョイス
クスクス・人参・ヒヨコ豆・アプリコットサラダ
チキンのマシュルームソースがけ
ミックスベリーのムースケーキ

e0241093_151994.jpg


2回目は和食と洋食のチョイス

和食は魚としめじのおかゆです

e0241093_1515839.jpg


こちらが洋食
チキンソーセージとポテト

e0241093_1543414.jpg


ドーハに着いたのは現地時間の次の日の朝4時ちょっと前。
日本より6時間遅れだから日本時間なら朝10時。ここから旅の2日目になります。

去年ドーハの空港に行ったときは、旧空港で、延々とバスに乗って移動してました。
その後リニューアルされて巨大なハブ空港になっていましが、
部分的にまだ建設中だったり、試運転の電車が走ってたりしてました。



ドーハからアテネまではさらに5時間。
7:30出発のQR201便アテネ到着は12:20
安いコースのギリシャは遠いです。


またまた機内食で朝食

こちらは洋食しかありません。チキンソーセージかパンケーキのチョイス

チキンソーセージ
e0241093_1561889.jpg



パンケーキ
e0241093_1551781.jpg


この日は朝食を2回食べることになりました。

アテネ到着後の昼食は無し。すぐにバス移動でデルフィに向かいます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本人がいだく、ギリシャのイメージは青い海に青い空。
でもギリシャの国土の7割は山だそうです。
そして、この日は珍しくどんよりとした天気
途中はザーザーと雨が降ってきた。

デルフィに向かうバスの車窓から。ギリシャ国旗がたなびいています。

e0241093_15515534.jpg


e0241093_15522881.jpg


黄色い花は エニシダ 旅行中あちこちで花真っ盛りでした。

e0241093_1553142.jpg




デルフィ遺跡

デルフィの遺跡は、パルナッソス山のふもとにある古代ギリシャの聖地です。
19世紀末まで小さな村の下に埋もれてその存在が知られていませんでした。やがて発掘され、村全体が移動。
「神託の地」とし、かつて予言の神アポロンのお告げが聞ける聖地として大きな賑わいをみせたデルフィ。
紀元前8世紀頃からこの地でゼウスの息子であるアポロンを崇拝する信仰が始まります。市井の人々からアレクサンドロス大王まで、人々はこぞって神託を授かるため遺跡のアポロン神殿に集いました。神殿の地下からは大地のへそと呼ばれる大理石の巨大な石が発掘されました。当時、デルフィは世界の中心だと考えられていたのです。人々は神託への感謝の気持ちを込めてデルフィに様々な貢物を贈りました。ブロンズで出来た精巧な御者の像やスフィンクス、ローマ皇帝が納めた像など幾多の美術品がアポロン神殿までの参道を飾りました。世界最古の楽譜とも言われるデルフィ讃歌の楽譜も発見され、当時のデルフィの威光を示す貴重な証拠となっています


NHK世界遺産の説明より


聖なる道と呼ばれるところを行きます。

e0241093_15533799.jpg


e0241093_1603160.jpg



かつてはこんな風だった。

e0241093_1604859.jpg



e0241093_1613022.jpg


e0241093_1621834.jpg



大地のへそ
デルフィは世界の中心・へそであると考えられていた。

e0241093_1624628.jpg



アテネ人の宝庫
ヘラクレスとテセウスの偉業の場面が浮き彫りにされ、宝庫の外壁には、アポロンに捧げられた詩が刻まれていて
「アテネがマラトンの戦いでペルシャ軍に勝利した感謝の印として、アポロン神に捧げた宝庫」
と書かれているとか。




e0241093_1631516.jpg



e0241093_1633572.jpg



アテネの柱廊

ペルシア戦争後、アテネが戦利品を収めるために建造。
3本のドリア式の柱が残っている。

e0241093_1641270.jpg



e0241093_1644214.jpg




アポロン神殿
e0241093_1651144.jpg


今残っている柱はかつては下の写真のようだった
e0241093_1654669.jpg



ドーリア式の神殿で、長さ60m,幅23mで、内室にはアポロン像がおかれていた。

e0241093_1665753.jpg




古代劇場
紀元前4世紀の建築。紀元前2世紀に再建。保存状態が良く
今でも夏には演劇の公演が行われている。

e0241093_1674152.jpg



劇場の上部に建つと聖域全体が見渡せる。

e0241093_1682439.jpg





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デルフィで見た鳥たち 未熟者で名前がわかりません。


幸せの青い鳥

アオハライソヒヨドリかしら?

e0241093_1621486.jpg


おそらく同じ鳥
e0241093_1622161.jpg


e0241093_16223461.jpg


このこはだあれ?

ノドグロアオジ?

e0241093_16232889.jpg


e0241093_1623499.jpg



e0241093_14375584.jpg




こちらはゴジュウカラ


e0241093_16241716.jpg


e0241093_1624492.jpg



ここで、珍鳥 ヤツガシラを目撃!
写真は撮れませんでした。

ツアーでなければ、もっとねばって探していたと思います。


時間に限りがあるので、ここでデルフィを後にします。
博物館には行かれませんでした。
[PR]

by tabi-omoide | 2015-05-22 10:00 | ギリシャ2015

【台湾・高雄2015】高雄・都会公園

都会公園

高雄最終日は午前中の滞在。
さすがに自転車にも疲れ、MRTで北上して都会公園に行きました。

もちろんバードウォッチングのために。

ここで出迎えてくれたのは、たくさんのメジロ(飛び回っていて写真撮れず)

ボ~っと立っていて警戒心の薄いといわれる


ズグロミソゴイ・黑冠麻鷺

e0241093_9325952.jpg



e0241093_933229.jpg



シロハラかな~

e0241093_9341650.jpg



この子はだあれ? アオハウチワドリ・青羽団扇鳥かなマミハウチワドリ・眉葉団扇鳥かな???

小さい鳥ですが良い声で鳴いていました。


e0241093_9383139.jpg


e0241093_9385888.jpg



e0241093_9393218.jpg




オウチュウ・大巻尾かなヒメオウチュウかも


e0241093_9425549.jpg



e0241093_9435879.jpg



タイワンオナガ・樹鵲

e0241093_9461691.jpg


e0241093_9465082.jpg




タカサゴモズ・棕背伯勞

日本のモズは頭が茶色ですが、こちらのは灰色です。大きさは同じくらいだと思う。

e0241093_948268.jpg


e0241093_9485655.jpg




声はすれども姿は見えずの鳥もいっぱい。
それを聞きわけるほどの力もなくてもこれだけ出会うことができました。
きっともっといたんだろうな~って思っています。


花の名前はまったくわかりません。
綺麗だったので思わず写しました。

e0241093_9531418.jpg








高雄3泊4日の旅はこれでおしまい

e0241093_9545318.jpg



帰りは非常口前のゆったりシートが取れたので、足をのばして帰ることができました。
[PR]

by tabi-omoide | 2015-04-13 10:00 | 台湾・高雄2015

【台湾・高雄2015】澄清湖

高雄3日目は、またまたホテルの自転車で
澄清湖(ちょうせいこ)
に行きました。

昨年宿泊した園山大飯店を通り過ぎて坂を登ってたどりつきました。
昨年は宿泊しただけで、反対向きの部屋だったので、湖を見ることもなく移動してしまった。


高雄市鳥松区に位置する人造湖。
高雄市で最も大きな湖であるため、台湾西湖と呼ばれ台湾南部の有名な観光地の1つである。
また澄清湖風景区に指定されている。湖畔には九曲橋や中興塔などの名所がある。



e0241093_10561284.jpg



e0241093_10563995.jpg



ここは鳥獣保護区でもあります。目的はバードウォッチング

なんと!ゴシキドリ・五色鳥に会えました

e0241093_1184061.jpg



e0241093_119045.jpg



e0241093_1192557.jpg



寿山では籠に入っていた
アカハラシキチョウ・白腰鵲鴝もここでは飛んでいる!

e0241093_1111306.jpg



e0241093_11115011.jpg




タイワンオナガ・樹鵲

e0241093_11131553.jpg


e0241093_11133926.jpg



スズメ

e0241093_8382612.jpg


e0241093_8385031.jpg



水族館がありました。
こんな建物です。
e0241093_893934.jpg



水族館からの風景

e0241093_8102648.jpg


魚たちの一部を紹介
紅尾鴨嘴魚・なまず

e0241093_8114064.jpg


銀鲨(鮫)・シルバー・シャーク

e0241093_8123875.jpg


荷蘭獅子頭・オランダシシガシラ
e0241093_8132633.jpg



黒龍晴
e0241093_814852.jpg



湖の方に降りて行く途中に

ズグロミソゴイの幼鳥・黑冠麻鷺
e0241093_8441890.jpg



e0241093_825529.jpg



九曲橋
魔物はまっすぐにしか通れないから、魔物を防ぐために曲がっている橋

e0241093_8295165.jpg



e0241093_832496.jpg



右後方に見えるのが園山大飯店

e0241093_839222.jpg





ブーゲンビリアが満開でした

e0241093_844414.jpg




e0241093_9114230.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-04-11 10:00 | 台湾・高雄2015

【台湾・高雄2015】蓮池潭(れんちたん)

蓮池潭

高雄市の少しはずれ左營區にある「蓮池潭」は、周囲約5km、水域面積は約75ヘクタールと、区内最大の淡水湖です。

周囲をサイクリングロードが取り囲んでいて、自転車で一周することができました。
木道の右側に自行車(自転車のこと)専用と書かれた道があります。

e0241093_9415637.jpg



清水宮
屋根の上の像は、離れたところからもよく見えるようにできています。

e0241093_9433171.jpg


ここで見た鳥
タイワンオナガ・樹鵲 台湾固有種らしいです。

e0241093_9491971.jpg




孔子廟

e0241093_19573596.jpg



e0241093_19575892.jpg




スズメは日本も台湾も同じかな~

e0241093_19584013.jpg



e0241093_2053790.jpg



e0241093_19545182.jpg


孔子廟のすぐそばには市場がありました。


e0241093_2062287.jpg



市場の近くにいた鳥

ヒメオウチュウ・小巻尾かオウチュウ・大巻尾

e0241093_20143650.jpg







北極亭玄天上帝神像

e0241093_19424685.jpg



e0241093_19433525.jpg


内部

e0241093_1943735.jpg


とても大きい像です。入口の大きさからわかるかな。

e0241093_19453952.jpg




春秋閣
春閣、秋閣、同じ大きさのふたつの塔からなる春秋閣は、1951年、武聖、関羽を祭って建てられました。春閣と秋閣の間には、騎龍観音像が立てられます。騎龍観音像には、観音菩薩が雲の間から龍に乗って現れ、信者にその姿の像を現在の位置に立てるよう命じたという伝説があります。


e0241093_19171430.jpg



e0241093_19174366.jpg






龍虎塔

龍の口が入口、虎の口が出口になった龍虎塔は、1976年、春秋閣から約700 メートルのところに建てられた塔です。塔内には龍塔の方に中国人が親孝行の模範と認める「二十四孝子」や悪人が地獄で受ける「閻魔大王審罰刑図」などの絵が、
虎塔の方に「十二賢士」や天国の世界を描いた「十殿玉皇大帝三十六宮将図」などの絵が飾られています。

龍と虎の塔はどちらも7層建てとなっており、仏家の七級浮屠を表しています。
 まずは右へ左へとくねくね何度も曲がりながらようやく龍と虎に近付きます。悪魔は真っ直ぐには歩けても、このように曲がりながら進むことは出来ないと言われていたことから、悪魔が入って来られないように、このようにくねくねとした入口となっているとか。

台湾の考え方では、龍は最も善良な動物、虎は最も凶暴な動物とされており、この龍の口から入り、虎の口から出てくることにより、自分のこれまでの悪戯が清められ、出てきた時には気分もすっきり、さらには災いも消えて無くなっているのだそうです。

 あちこちの説明文より引用



e0241093_19254515.jpg


ここに来たのは去年に引き続き2度目ですが、去年はツアーでバスで来て、龍から虎に抜けてすぐに帰ってしまいました。まさかその翌年に自転車で来るとは思ってもみなかった。



今年は 中のらせん階段を登ってみました。登れるのは6階まで。

e0241093_19293677.jpg


e0241093_1930243.jpg



登ったのは龍塔だったので下に隣の虎が良く見えます。

e0241093_193231.jpg



曲がっている橋も上から見るとよくわかります。

e0241093_19325693.jpg




塔の上からの眺め


e0241093_1933491.jpg



e0241093_19341861.jpg



e0241093_19343551.jpg



今年は蓮の花も咲いていて蓮池の雰囲気がわかります。

e0241093_19354921.jpg



e0241093_19361137.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-04-09 10:00 | 台湾・高雄2015