タグ:トルコ ( 40 ) タグの人気記事

【トルコ周遊旅行9~10日目】トルコ航空にて帰国&ターキッシュデライト

イスタンブールから成田へは、トルコ航空の直行便です。
今回はコンフォートクラスで、ちょっとだけリッチな気分。

ウェルカムドリンクは、これで最後になるのでトルコのお酒「ラク」にしました。
水で割って白く濁った所です。

ヘーゼルナッツ・ブドウの葉のドルマと一緒に。

2011.08トルコ 865no1


サラダの白いのは豆腐ではありません。チーズです。
チキンかビーフかと聞かれてチキンと答えたけど(奥のプレート)
もう一品チキンだったのね~~。

ちなみにビーフはキョフテ(ハンバーグ)でした。

2011.08トルコ 866no1


デザートは、チーズケーキに
チーズの盛り合わせ、フルーツの盛り合わせ。

今回の旅行ではよくチーズを食べました。

2011.08トルコ 870no1



朝食に相当。
時差で何が何やらわからないけど、日本時間なら朝ってことです。

スクランブルエッグとハムとチーズのサンドイッチ
フルーツにチーズ!

トルコ人はチーズ好き!


2011.08トルコ 871no1


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
旅のお土産に買ったトルコのお菓子

前に見た映画の中で、こんなものを食べていたって妙に覚えていたのが
ターキッシュデライト

どんなものだろうと思っていたのです。
日本で言うなら、ゆべしをもうちょっと甘くして、小さめに切ったものでしょうかね。


2011.08トルコ 875no1



2011.08トルコ 876no1


ロクムとも言われています。
こちらはチョコ味にココナツパウダーとピスタチオ入り

2011.08トルコ 877no1


2011.08トルコ 905no1


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大変長々とトルコ旅行記におつきあいくださり、ありがとうございました。

どれもこれも珍しくて撮った写真の量は膨大で、
書き始めたころはこんなにも毎日毎日書き続けることになろうとは思いもしませんでした。

イタリア旅行の時の倍以上になってしまいましたが、
おかげさまで私自身の旅の記録として、訪れたところを再認識することができました。

トルコという国は日本ではあまり知られていません。
私自身も知らないことがいっぱいで、ついついあれもこれもと欲張ってしまいました。

トルコ旅行の気分を味わっていただいて、これから行かれる方などの少しでもお役にたてば幸いです。
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:27 | トルコ周遊2011

【トルコ周遊旅行9日目】KARIDESレストランと伸びるアイスクリーム

ツアーでいつも使っているというレストランに行ったら、その店はラマダンで休み!
近所の店に変更になった様です。

ツアー客の予定より、宗教優先?

ラマダンをするかしないかは、トルコ人でもまちまち。
日中ものを食べない人、平気で飲食している人(イスラム教であっても)、
個人の自由という考えのようです。


前菜2種(これは4人分)

2011.08トルコ 855no1



いつもの豆のスープかと思ったら、魚の味のスープ。

2011.08トルコ 856no1


春巻みたいに巻かれている。なんでしょう?
食べてもよくわからないものってあるのです。
チーズ入りかなぁ。

2011.08トルコ 857no1


キョフテ(ハンバーグ?肉団子??)
付け合せはたっぷり!

2011.08トルコ 858no1


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本でトルコアイスといえば伸びるアイスが有名。
でもそれは日本人のイメージ
普通のアイスクリームの方がポピュラーでした。

なかなか出会わなくて、旅の最後になってようやく食べることができました。


2011.08トルコ 859no1


ちなみに、トルコでこの小さな帽子、いわゆるトルコ帽をかぶっている人も見なかった。
この人はあくまでも商売用。

2011.08トルコ 860no


なお、トルコ人の男性は皆ヒゲをはやしているのかといえば、そうでもなくて、
格好も、ひげも、断食も、すべて本人次第。
というより、ヨーロッパに近いから、欧米的です。

ユーロも普通に街で使えます。店によってはユーロ表記です。
2011.08トルコ 861no1
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:26 | トルコ周遊2011

【トルコ周遊旅行9日目】アヤソフィア博物館

アヤソフィア博物館

ローマ帝国時代にキリスト教の教会として建てられ、
オスマン帝国の征服でイスラム教のモスクに作り代えられた。

偶像崇拝を禁止するイスラムの教えにより、
数々のモザイク画は漆喰で塗り固められていたが、
トルコ共和国になってから、アタテュルクはここを博物館とすることで、
聖堂内のモザイクを修復。

ビザンツ時代の遺跡としてよみがえったのである。

2011.08トルコ 821no1



黒に金のカリグラフィーの円板には、
アッラーやムハンマドの名が書かれている。

2011.08トルコ 836no2


見るものすべてが珍しく、ついつい写真が増えてしまいます。
ここでも民族音楽付きムービーです。





2011.08トルコ 921no1
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:25 | トルコ周遊2011

【トルコ周遊旅行9日目】ボスフォラス海峡クルーズ

右側がアジア左側がヨーロッパ
進行方向が黒海というボスフォラス海峡のクルーズです。

ツアーのメンバーだけの貸切。
よく見ると同じ観光会社の船。

2011.08トルコ 765no2



今回は訪れることができませんでした。
オスマン帝国最後の宮殿ドルマバフチェ宮殿

2011.08トルコ 767no1



ボスフォラス海峡に面したところに建物を建てるのはあこがれ。
宮殿はもちろん、有名なホテル、別荘などがいっぱい。

フォーシーズンズホテル

2011.08トルコ 770no1


バロックとオスマン朝様式を合わせて建てた豪華な宮殿。
迎賓館や夏の離宮として使われた。
ベイレルベイ宮殿

2011.08トルコ 771no1



2011.08トルコ 772no1




第一の大橋
ボスフォラス大橋
アジアとヨーロッパをつないでいます。全長1510m

これが・・・
アジアからヨーロッパへの通行料金は無料
ヨーロッパからアジアへの通行料金は有料なのだそうです。


2011.08トルコ 773no1



2011.08トルコ 776no1



2011.08トルコ 777no1


運が良いとイルカに出会えるとは聞いていましたが、
ラッキー

いつどこに現れるかわからないので、写真はうまく撮れませんでした。

2011.08トルコ 781no1


ルメリ・ヒサール

オスマン帝国の皇帝メフメット2世が、
強敵コンスタンティノーブルの攻略の拠点として建てた城塞

2011.08トルコ 786no1



2011.08トルコ 787no1


第2のボスフォラス大橋
メフメット大橋
日本の援助で石川島播磨重工業(IHI)により作られたそうです。

2011.08トルコ 790no1



出窓のある木造の伝統的別荘「ヤル」
海峡に面して、玄関とボート乗り場がある。

2011.08トルコ 793no1


以上、船の上からの紹介でした。
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:24 | トルコ周遊2011

【トルコ周遊旅行9日目】リュステム・パシャモスク

宰相リュステム・パシャのために作られたモスク
中に貼られたイズニックタイルは実に美しいです。

一面のブルーのタイル

2011.08トルコ 753no1



中央の祭壇

2011.08トルコ 754no1



アーチが複雑です。

2011.08トルコ 755no1


2011.08トルコ 756no1


モチーフは花
とくにチューリップ

2011.08トルコ 757no1


2011.08トルコ 758no1



絨毯は
お祈りのときの1人分の区画がわかりやすいように作られています。
男性はこの区画に入って1日5回の礼拝をします。

女性は離れた別の場所で礼拝をします。
一緒にしないのは、女性がいると男性の気が散るから。


2011.08トルコ 759no1



ここのモスクのタイルの説明?だけで1冊の本になっていました。

2011.08トルコ 761no1
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:23 | トルコ周遊2011

【トルコ周遊旅行8日目】イスタンブール大学野外コンサートなど

ツアーでの旅行は殆ど自由時間が無かったのですが、
オプショナルツアーに行かなかった時間を利用して、イスタンブール旧市街を散歩してきました。

ホテルのそばにもモスクがありました。

2011.08トルコ 620no1


ホテルの近くのトラムの駅

2011.08トルコ 622no1


トラムに乗りました。
まず、ジェトン(トークン)というプラスチックの、
ルーレットのチップのようなものを購入。
1.75リラですが、2リラ入れても、おつりは出てこないので実質2リラ。

トルコでは細かいお金は返ってこないことがよくある。

2011.08トルコ 746no2


トラムの入り口(改札口)にそのジェトンを入れると、バーが動きます。
1駅乗っても、終点まで行っても 1.75リラ

2011.08トルコ 748no1



イスタンブール大学
トルコで最高峰といわれる大学。日本なら東大ってことかな?

2011.08トルコ 752no2


ラマダンだからでしょうか?
民族楽器による野外コンサートをやっていました。


2011.08トルコ 750no1


2011.08トルコ 751no1


イスタンブール大学の裏側

2011.08トルコ 623no1



東京なら河童橋の道具街でしょうか?
台所の調理器具を扱っているお店。

2011.08トルコ 763no1
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:22 | トルコ周遊2011

【トルコ周遊旅行8日目】トプカプ宮殿

15世紀から20世紀初頭までの400年もの間、
オスマン帝国の歴代のスルタン(皇帝)たちが居城とした
トプカプ宮殿
トプカプ宮殿のトプは大砲、カプは門を意味するそうです。

2011.08トルコ 682no2



広大な敷地内の一角にあるハーレムには何百もの小部屋があります。
日本で言うなら、大奥!


2011.08トルコ 725no2


ともかく写真が多いので、またもムービーになりました。
民族音楽付きで、雰囲気を味わってみてくださいませ。




ここの宝物館
86カラットのダイヤモンドや、
世界最大といわれるエメラルドの付いた短剣は実に素晴らしいものです。

写真が撮れなかったのが残念。
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:21 | トルコ周遊2011

【トルコ周遊旅行8日目】イスタンブールの地下宮殿

ヨーロッパとアジアの架け橋と言われるイスタンブール
街が歴史地区として世界遺産になっていて、
見どころもたくさんあります。

それも地上だけでなく地下にまで!


イスタンブールの旧市街の地下には縦140m、横70m、深さ8mもの
巨大な貯水池があります。

なんと作られたのは4世紀から6世紀
コンスタンティヌス帝からユスティニアヌス帝の時代だとか。

水道橋から引いた水はここに貯えられて、トプカプ宮殿にも供給されたとか。


写真が暗くてわかりにくいのですが、内部はコリント様式の柱でささえられています。

2011.08トルコ 671no1


たまった水の中で魚が泳いでいました。

2011.08トルコ 672no1



宮殿の奥にはメデューサの顔が横たわっています。
逆さ向きのものと、横向きのものの2つありました。

2011.08トルコ 675no1


2011.08トルコ 677no1



ここの入場券は、博物館共通のものではありませんでした。

2011.08トルコ 904



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日の夕食は

すっかり定番のスープ

2011.08トルコ 743no1


これも何度か登場、パイ

2011.08トルコ 744no1


メインのケバブは鶏肉!
チキンもケバブにするのですね。


2011.08トルコ 745no1


しかし・・・

豆のスープに、パイ、付け合せのごはんとマッシュポテトって
どれだけ炭水化物を食べるのでしょう!
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:20 | トルコ周遊2011

【トルコ周遊旅行8日目】イスタンブールの町の風景とレストランGRUP SARAY

イスタンブールの街の風景です。

ホテルの近くの果物屋さん。
たいていのものはキロ単位で売っています。

店内はコンビニのような物を販売。

2011.08トルコ 624no1


トルコではあちらこちらで国旗を掲揚しています。
日本では祭日でさえあまり見かけないけれど。

2011.08トルコ 658no1


この並んだお店は今だけのものでしょうか?

2011.08トルコ 657no1


民芸品などを売っている店が多い中で、民族楽器を作って売っている人が居ました。

2011.08トルコ 663no1


トルコでは、自転車で走っている人はあまり見かけません。
都市では必需品?
レンタルでしょうね。

2011.08トルコ 665no1


イスタンブールでは、よく目にしたトラム(路面電車)
他の交通手段は、バスや地下鉄など。

2011.08トルコ 666no1


あちこちでの朝の風景
パン屋さんのワゴン

2011.08トルコ 667no1


焼きとうもろこしは1本50円くらいらしい。

2011.08トルコ 668no1


とうもろこしと一緒に栗を焼いているのもありました。


2011.08トルコ 847no1


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昼食はGRUP SARAYというレストランでした。


前菜にブドウの葉で巻いたドルマが出ました。
中は挽肉とごはん。


2011.08トルコ 660no1



2011.08トルコ 661no1



メインはドネルケバブです。
前日にタクシム広場で見かけた、
ケバブといって真っ先に浮かんでくる、あの大きな塊からそぎ落としたお肉。


2011.08トルコ 662no1


ごはんはマッシュポテトと同じ扱いになっています。
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:18 | トルコ周遊2011

【トルコ周遊旅行8日目】グランドバザールとテオドシウス1世のオベリスク

グランドバザール

4000軒もの店が並ぶイスタンブール最大の屋内マーケットです。


2011.08トルコ 626no1



2011.08トルコ 629no1


入り口には門があって8:30~17:00までの営業です。

2011.08トルコ 627no1


2011.08トルコ 628no1



中はアーケードになっていて、迷路のよう。
店に番号が付いているので、それをたよりに、行ったり来たりでした。


2011.08トルコ 630no1




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


アトゥ・メイダス(馬の広場)にて

テオドシウス1世のオベリスク

もとは古代エジプトのファラオ「トトメス3世」がルクソールのカルナック神殿に建てたものの一つ。
それをエジプトから運んできてここに建てた。

この広場には他にもオベリスクがあるのですが、
たまたま修復中で足場に覆われていたので今回はこれのみの紹介です。


2011.08トルコ 652no1



2011.08トルコ 654no1


2011.08トルコ 653no1



2011.08トルコ 655no1




2011.08トルコ 656no1



こちらは
ドイツのヴィルヘルム2世から寄贈されたもの。
ドイツの泉と呼ばれる。

2011.08トルコ 631no1
[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-14 11:17 | トルコ周遊2011