【広島2015】東広島・東横イン

今回の成田~広島 1泊4日のセットで、1泊目の宿泊地は

東広島・東横インでした。

但し書きに、広島と東広島は別の場所です。とは書かれてました。

でも、関東圏に住んでいるので、詳しいことは知らずに申し込んでしまった!

色々調べてわかったこと。東広島は新幹線しか止まらない駅だった!
新幹線で広島から12分って・・・汗
格安パックのホテルに泊まるために、別料金の新幹線に乗る???

在来線は走ってない!敢えて言うなら山陽本線の西条駅からバスに乗る。
とってもアクセス高難度のところでした。
翌日の移動もあるし、公共交通手段での移動は時間的制約も大きいとわかって、
結局広島空港で別料金のレンタカーを借りました。

格安パックは、安いだけに不便なこともあるのですね。

でも広島までの往復交通費と一日目の宿泊で ¥9780 はありえないので我慢

東横インの室内はコンパクトです

e0241093_903841.jpg


でも、そこはビジネスホテル。必要なものは全部そろっています。



なんと、サービスで夕食はカレーライス食べ放題(写真無し)

朝食も おにぎりと味噌汁におかずが付いています。

e0241093_922562.jpg



1泊2食付き~(^^♪  いくら支払っているのでしょうねツアー会社は。
[PR]

# by tabi-omoide | 2015-09-27 10:00 | 広島2015

【広島2015】 海上自衛隊呉史料館 ・てつのくじら館

次に訪れたのは、 海上自衛隊呉史料館 ・てつのくじら館 

大和ミュージアムの近くにあります。

e0241093_8135544.jpg



e0241093_815187.jpg



e0241093_8155438.jpg


海上自衛隊呉史料館は、潜水艦と掃海を展示する史料館です。海上自衛隊の有する資料の展示・保存等を通じて、海上自衛隊員の教育及び、広く国民一般等への広報活動により海上自衛隊に対する理解の促進並びに地域との共生に貢献することを目的としています。

HPより

用途廃止済の実物潜水艦を展示することにより、実物の潜水艦に「乗艦」し、その内部を「見て」、「触って」、「体感する」貴重な体験ができる史料館をめざしています。

ということで、体験してきました。

e0241093_8215180.jpg



e0241093_8255188.jpg


艦長室

e0241093_8222058.jpg




室内
e0241093_8223666.jpg




e0241093_8231696.jpg



三段ベッド

e0241093_8271736.jpg



体験コーナーで、実際に入ってみた

e0241093_8233954.jpg



潜望鏡をのぞくコーナーもありました。
潜水艦といえば、このイメージですが、今はスクリーンモニター画面で見えるそうで、
覗き込むことはないのだそうです。


この他にも

掃海とは?のコーナーで 
戦後、たくさんの機雷によって恐怖の海と化した日本の海を、危険を顧みず機雷の除去に向かった人々の活動を知り、


航路啓開とは?のコーナーで
水中の障害物を除いて,船が航行できるようにすること。

戦後日本の復興を陰から支えた航路啓開活動から、湾岸の夜明け作戦における国際貢献まで、掃海部隊の活動を紹介します。

を見て来ました。


現在の呉の港

e0241093_8383177.jpg

[PR]

# by tabi-omoide | 2015-09-26 10:00 | 広島2015

【広島2015】呉・大和ミュージアム

呉を訪れた目的は大和ミュージアム

戦艦「大和」を建造した軍港、日本一の海軍工廠のまちとして栄え、戦後は、世界最大のタンカーを数多く建造する明治以降の「呉の歴史」と造船・製鋼を始めとした各種の「科学技術」を紹介する博物館。館内には、零式艦上戦闘機六二型などの貴重な実物資料の他、船を中心とした科学技術の原理を体験・体感を通してわかりやすく紹介している展示室があります。

大和ミュージアムHPより



入り口の外の展示

e0241093_15375077.jpg


e0241093_1538276.jpg


e0241093_1917536.jpg



館内に入ると10分の1の模型の戦艦大和があります。


戦艦「大和」は、昭和16(1941)年12月、呉海軍工廠(海軍直轄の工場)で、当時の最先端技術の集大成でありながら極秘裏に建造された世界最大の戦艦です。しかし昭和20(1945)年4月7日、沖縄特攻作戦に向かう途上、米艦載機の攻撃を受け沈没、乗員3,332名のうち3,056名が大和と運命を共にしました。
しかし、戦艦「大和」建造の技術は生き続け、世界一の大型タンカー建造だけにとどまらず、自動車や家電品の生産など幅広い分野で応用され、戦後の日本の復興を支えてきました。
10分の1戦艦「大和」は、平和の大切さと科学技術の素晴らしさを後世に語り継いでいます。

HPより


e0241093_19235858.jpg


e0241093_1924869.jpg


e0241093_19242039.jpg



e0241093_15445226.jpg



e0241093_1545104.jpg


e0241093_19243320.jpg


10分の1でもすごい迫力があります。

館内の上の階から見下ろした大和模型


e0241093_1548591.jpg




零式艦上戦闘機六二型

零式艦上戦闘機の開発には、広海軍工廠で研究・開発された技術が活かされました。機体全てを金属で製作する技術、運動性重視から主翼を片方だけで支える強度維持の技術、桁と外板で主翼の強度を保持する技術などは、日本国内では広海軍工廠からはじまりました。



e0241093_15524644.jpg



e0241093_15531034.jpg



e0241093_162327.jpg




特攻兵器「回天」十型(試作型)

呉海軍工廠を中心に研究開発された特攻兵器「回天」は、海軍の青年士官から提案されたものです。平均年齢21歳の100名以上の尊い命が失われました。

全長9メートル、重量2.5トン、乗員1名


e0241093_1654196.jpg





特殊潜航艇「海龍」(後期量産型)

「海龍」は飛行機のように翼を使って自由に潜航・浮上する事を目指して呉海軍工廠などで潜航実験や研究・開発が行われた小型潜水艦です。

全長:17.28メートル、水中速力9.8ノット、乗員2名



e0241093_16184122.jpg




大和ミュージアム内から見た呉の港

e0241093_16245721.jpg



e0241093_162587.jpg



パンフレット

e0241093_14312992.jpg


e0241093_1432850.jpg

[PR]

# by tabi-omoide | 2015-09-25 10:00 | 広島2015

【広島2015】春秋航空で広島へ、呉・お好み焼きたいちゃんⅢ

今年は毎月の様に飛行機に乗っています。
今回は某旅行会社からのメールで決定

なんと!成田~広島の往復飛行機に1泊目の宿泊がついて1泊4日¥9780
2日目と3日目の宿泊は自分で手配するというものでした。

はい、値段に釣られました。


乗るのは春秋航空 成田空港第三ターミナルからの出発です。
成田の第三ターミナルは今年の4月にできたばかり。
前回バニラエアを利用した時はまだ完成していなくて、特設会場のような所から出発しました。
今回はLCC(ロー・コスト・キャリア=格安航空会社)専用のターミナル利用。

第二ターミナルからシャトルバスで移動します。(意外と時間かかる)

搭乗口 150C って凄い数字!

e0241093_151326100.jpg



階段を下りて、バスで移動します。蛇腹でドッキングなんてしてません(笑)
いいんです。安いんだもの!

e0241093_15163598.jpg



到着した広島空港は広島市内から離れています。
今回は広島市内には行かないので、問題なし。

移動して真っ先に向かったのは 

まずはお好み焼き屋  たいちゃんⅢ で昼食



e0241093_15474948.jpg


お店のおススメ たいちゃんスペシャルと 大和スペシャル を注文

すごいキャベツの量!

e0241093_15503174.jpg




ひっくり返すのはプロの技!!


e0241093_15504731.jpg


ここからキャベツの蒸し焼きができていきます。時間はかかるけど、おいしい!

別に茹でた自家製麺を焼いて重ねて・・・

完成!

e0241093_1551026.jpg



ネットで検索して 評判の良さそうな店を選んだのですが 大正解でした。

ここで出会った 常連さんに地元のおいしいお酒を教えてもらったりして、広島の旅の始まりです。
[PR]

# by tabi-omoide | 2015-09-24 10:00 | 広島2015

旧芝離宮恩賜庭園

旧芝離宮恩賜庭園

東京に残る江戸初期の大名庭園の一つです。回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわしています。

明暦(1655~1658年)の頃に海面を埋め立てた土地を、延宝6年(1678年)に老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領しました。
庭園は「楽壽園」と呼ばれていました。
庭園は、幾人かの所有者を経たのち、幕末頃は紀州徳川家の芝御屋敷となりました。明治4年には有栖川宮家の所有となり、同8年に宮内省が買上げ、翌9年に芝離宮となりました。離宮は、大正12年の関東大震災の際に建物や樹木に大変な被害を受けました。
翌年の大正13年1月には、皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、園地の復旧と整備を施し、同年4月に一般公開しました。また、昭和54年6月には、文化財保護法による国の「名勝」に指定されました。
  旧芝離宮恩賜庭園 HPより

e0241093_15423671.jpg



周りには高層ビルが見えます。

e0241093_15401799.jpg



e0241093_15425771.jpg



e0241093_1543223.jpg



e0241093_15572820.jpg




西湖の堤
中国の杭州にある西湖の堤を模した石造りの堤

e0241093_1601193.jpg



枯滝石組

山峡を流れ落ちる滝を思わせる石組

e0241093_15434641.jpg



雪見灯篭

e0241093_15444199.jpg




ここにいたのは
アオサギ とダイサギ

e0241093_1663631.jpg



e0241093_15453788.jpg


ダイサギは丸まってたりしていて撮りにくかったのでアオサギ


e0241093_1546157.jpg



e0241093_1546205.jpg



ハクセキレイ

e0241093_15463995.jpg



スズメの幼鳥

e0241093_1547191.jpg



e0241093_15471223.jpg





パンフレット

e0241093_7572237.jpg




e0241093_8221882.jpg

[PR]

# by tabi-omoide | 2015-09-23 15:00 | 東京散策