<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【沖縄2015】大石林山

大石林山

琉球開闢(かいびゃく)の神アマミキヨが降り立ち、
沖縄最初の聖地、安須杜(アシムイ)を創った。
琉球王国時代には王家の繁栄、五穀豊穣、航海安全をこの地で祈り、
今も御願所には神人の祈りが捧げられる。

熱帯カルスト地形の切り立った岩山をはじめ、樹齢200年を超えるガジュマルの木、
亜熱帯の自然の森が広がっている。


大石林山内には4つの散策コースがあります。

まずは巨岩・石林感動コースを行きます。

e0241093_2117207.jpg



巨大亀岩
e0241093_21175459.jpg



子くぐりガジュマル

e0241093_2143479.jpg


親くぐりガジュマル
e0241093_21234347.jpg



e0241093_21322255.jpg



石林
e0241093_21325190.jpg



ラクダ岩

e0241093_21332583.jpg


悟空岩
e0241093_213455.jpg



美ら海展望台コースへと進みます。

e0241093_21453583.jpg



辺戸岬を見下ろす

e0241093_21455871.jpg



e0241093_21461784.jpg



大石林山より見たヤンバルクイナ展望台
e0241093_214705.jpg




e0241093_215727.jpg


バリアフリーコースを経て亜熱帯自然林コースへ進みます。


パパイヤの木

e0241093_21585960.jpg



樹齢200年とされる ムカデガジュマル

e0241093_21592993.jpg



御願(うがん)ガジュマル
御願(うがん)とは願いや祈りを表わす沖縄の方言。
気根を垂らした姿は山の神のよう。キジムナー(木の精)が宿るという

e0241093_2201816.jpg



e0241093_2291789.jpg



ここで出会った 蝶

e0241093_2210117.jpg



ジョウビタキ オス

e0241093_22142041.jpg



e0241093_22144494.jpg



e0241093_2215193.jpg



e0241093_2255515.jpg



e0241093_225524100.jpg

================================================

ホテルに戻る途中、やんばる野生生物保護センターに立ち寄りました。

e0241093_22224750.jpg


やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」は、やんばるを訪れる人々に野生生物保護への理解や関心を深めていただくための普及啓発活動や、ノグチゲラ、ヤンバルクイナなどやんばるの絶滅のおそれのある野生生物の保護増殖事業、 調査研究などを総合的に行うための拠点施設として、平成11年4月にオープンしました。


ロードキルといって、交通事故で死ぬヤンバルクイナは朝夕に多く、
人間の活動時間と一致しているそうです。


e0241093_22562311.jpg


e0241093_22571349.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-01-31 21:00 | 沖縄2015

【沖縄2015】辺戸岬

沖縄本島最北端の辺戸岬に行きました。

e0241093_20403633.jpg


岬には遊歩道が整備され、
色々な石碑やモニュメントがありました。

e0241093_20371829.jpg



祖国復帰闘争記念碑

e0241093_20375277.jpg



国頭村と与論島の友好を表わす鳥のオブジェ

e0241093_20381630.jpg



e0241093_2039080.jpg



e0241093_20392467.jpg




ヤンバルクイナ展望台
高さ11.5m。村の鳥ヤンバルクイナをモチーフにした展望台


e0241093_20555235.jpg



巨大なヤンバルクイナの足に座ってみた。

e0241093_2044346.jpg



展望台より辺戸岬

e0241093_20451963.jpg



展望台より大石林山
e0241093_20461528.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-01-31 10:00 | 沖縄2015

【沖縄2015】金武の田イモ畑

沖縄2日目の朝は
湿地センターで教えてもらった探鳥スポット

金武の田イモ畑に行きました。

ネイチャーみらい館の駐車場で

イソヒヨドリのオス

e0241093_17311849.jpg



e0241093_17331349.jpg



e0241093_17415014.jpg





金武の田イモ畑

タシギ

e0241093_17423276.jpg



e0241093_1743377.jpg




ムナグロ

e0241093_17455065.jpg



e0241093_17461422.jpg




ヒバリシギ?

e0241093_1746383.jpg



畑の近くにはコスモスが咲いていました。
e0241093_2026612.jpg



======================================

次に訪れたのは
山と水の生活博物館

e0241093_22533696.jpg


ここには、鳥の剥製がたくさんあると聞いてきました。
なかなか会えない鳥も剥製で確認

博物館前にいたリュウキュウイノシシ

e0241093_20311042.jpg


e0241093_20314065.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-01-30 20:00 | 沖縄2015

【沖縄2015】リザンシーパークホテル谷茶ベイ&琉球亭

今回の宿泊先は

リザンシーパークホテル谷茶ベイ

西海岸中部にあるリゾートホテルです。客室数700以上ある大きなホテル。

9階のオーシャンビューの部屋でした。

e0241093_16461589.jpg



e0241093_16465830.jpg



e0241093_16471677.jpg




e0241093_16473713.jpg




ホテルの夜のステージ

エイサーは迫力あります。

e0241093_16533368.jpg



わかりにくいけど、イルミネーションも綺麗。

e0241093_1654563.jpg



ホテル内のレストランの夕食は和・洋・中・焼肉等のバイキングが選べます。
琉球中華を食べたけど、カメラを忘れたので画像なしです。



朝食付きプランでした。

朝食は洋食バイキング・和食バイキングが選べます。

3泊したのであちこち行きました。

洋食
e0241093_1649183.jpg


写ってないけれど、ここのホテルの自家製焼き立てパンはおいしかったです。


和食
e0241093_16493292.jpg



夜はホテル内のバーでカクテル

e0241093_16555485.jpg




グラスホッパーという名の、チョコミントカクテル

e0241093_16592872.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎日バイキングでは疲れるので、
ホテルの目の前にある居酒屋「琉球亭」さんに行った日もあります。


琉球豆腐のサラダとじーまみー(ピーナッツ)豆腐

e0241093_1751737.jpg




ふーちゃんぷるー

e0241093_1752963.jpg




てびち・なんこつ・ラフテーの三種盛り合わせ

e0241093_175428.jpg



泡盛を飲んで沖縄気分です。


デザート・おやつも沖縄ならではのものばかり

e0241093_1726812.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-01-30 10:00 | 沖縄2015

【沖縄2015】首里城・百人御物参(ももそおものまいり)

首里城


琉球王国は、1429年から1879年までの450年間にわたり存在した王制の国で、 中国や日本、東南アジアとの盛んな交易により、琉球独自の文化が育まれました。 その王国の政治・外交・文化の中心として栄華を誇ったのが、首里城です。

琉球王国の政治、外交、文化の中心地として威容を誇った首里城。
中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式や石組み技術には、高い文化的・歴史的な価値があるとされ、2000年12月、日本では11番目に世界遺産に登録されました。1945年の沖縄戦で灰燼に帰した首里城は、1992年、沖縄の本土復帰20周年を記念して国営公園として復元されました。

首里城は国王とその家族が居住する「王宮」であると同時に、王国統治の行政機関「首里王府」の本部でもあった。また、各地に配置された神女(しんじょ)たちを通じて、王国祭祀(さいし)を運営する宗教上のネットワークの拠点でもあった。


首里城HPより



沖縄本島を訪れるのは今回が三度目。
できるだけ今まで行ってない所に行きたいと思っていましたが、

首里城にこの日に来たのには訳があります。


守礼の門
二千円札に描かれた赤煉瓦屋根の門


e0241093_14521981.jpg


e0241093_14525292.jpg



e0241093_14531712.jpg



この日のこの時間に合わせて来たのは、ここで
百人御物参(ももそおものまいり)

という琉球王国時代に首里城で行われた祭祀行事の儀式の再現があるとHPで知ったからです。


首里城HPより

百人御物参は、神女が首里城および周辺の聖域(御嶽)を巡拝する祭祀行事です。
御嶽では、国王の長寿と子孫繁栄、航海安全、国土の安全、五穀豊穣が祈願されました。
男性の空間である「表」の世界と、女性の空間である「内」の世界がつながる、
首里城の奥深さをご堪能ください。



e0241093_14533747.jpg



着いた時には既に儀式が行われていました。

第3場 首里森御嶽拝礼

下之御庭にある首里森御嶽(すいむいうたき)を拝みます。
ここでは神女による祈りの言葉であるおたかべが唱えられます。

e0241093_155481.jpg


ここでは米と泡盛が御籠飯(うくふぁん)と御玉貫(うたますき)と呼ばれる道具に入れられて
供えられました。

e0241093_15722.jpg


e0241093_14332739.jpg



e0241093_15115537.jpg





第4場 京の内巡拝


京の内にある4か所の御嶽を拝みます。
京の内は男子禁制だったことから神女たちだけでの巡拝になります。

e0241093_15522733.jpg



e0241093_15531698.jpg



e0241093_15533747.jpg



e0241093_1554599.jpg




e0241093_15575961.jpg




第5場 首里森御嶽拝礼

京の内から戻った神女たちを諸官が出迎え、再度首里森御嶽拝礼を拝みます。
一連の祈願を終えた一行は木曳門から退場します。

e0241093_15545851.jpg




e0241093_16172515.jpg



e0241093_22503537.jpg


e0241093_22512468.jpg



e0241093_2252535.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



百人御物参(ももそおものまいり)を見終えた時にアンケートに答えたら、
プレゼントをいただきました。

綺麗なクリアファイル


e0241093_15551710.jpg





何故にこのネーミング?の限定アイス

e0241093_1622188.jpg


関東地方は10度以下の気温の日が続いているのに、沖縄は20度以上。
アイスクリームがおいしい!


e0241093_16401050.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


首里城で見た鳥

イソヒヨドリのメス

e0241093_16265745.jpg



e0241093_1627248.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-01-29 20:00 | 沖縄2015

【沖縄2015】漫湖水鳥・湿地センター&与那原家Ⅱ

2015年の最初の旅は寒い所を抜け出して暖かい沖縄へ。
新春セールのパックで、飛行機とホテルとレンタカーだけ手配して、
あとはフリーです。

真っ先に訪れたのは漫湖水鳥・湿地センター

那覇空港から5,5kmのところにある、ラムサール条約登録湿地で水鳥たちの楽園と言われているそうな。
最近バードウオッチングに興味を持ち始めたこともあり、空港から近い所でもあったので、
一般的な観光地に行くよりもここを優先しました。

e0241093_10385936.jpg


湿地にはマングローブも生えていて、カニや貝などの生物もたくさんいます。
それを目がけて鳥たちもたくさん来ています。

e0241093_10411581.jpg



遊歩道も完備されていて快適

e0241093_10415080.jpg



e0241093_10425663.jpg



センター内からスコープで鳥を見ることもできるし、遊歩道を歩いて双眼鏡で見たりしました。
写真はなかなかうまく撮れませんがちょっとだけ紹介。
動くし、遠いし(近づくと逃げちゃうので)ピンボケ等はご容赦くださいませ。

ムナグロ

e0241093_10445038.jpg


e0241093_1045979.jpg



e0241093_13584470.jpg




イソシギ

e0241093_1350307.jpg



e0241093_13505597.jpg




アカアシシギ

e0241093_13541227.jpg



e0241093_13543454.jpg




チュウシャクシギ

e0241093_143275.jpg



ミサゴ

e0241093_10453449.jpg



e0241093_1461474.jpg



ノバリケン
e0241093_201852100.jpg



ここで、水辺の鳥のガイドブックや、沖縄県の探鳥地MAPをいただき、
この時期のおすすめのポイントを教えていただきました。


e0241093_22464572.jpg



e0241093_22471433.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日の昼食は沖縄そば

漫湖の近くにある 「与那原家Ⅱ」さんというお店です。

自家製の生麺の沖縄そばとじゅーしー(炊き込みご飯)

こってり味のソーキそば(骨付き肉入り)

e0241093_14242815.jpg



あっさり味の沖縄そば(ラフテー・三枚肉入り)


e0241093_14244662.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-01-29 14:30 | 沖縄2015