カテゴリ:秘湯・茨城2010( 5 )

【茨城・袋田】ゆばの里「静香庵」

湯葉の里静香庵さん、を訪れました。

前に、袋田の滝観光の帰り道に偶然立ち寄ったのがきっかけで、
おいしさにはまり、次は是非予約して来ようと思ってました。


e0241093_21365999.jpg



那珂ICの近く、静(しず)という地名のところにあります。

実に見事な庭園。とても立派です。


e0241093_21375857.jpg




e0241093_21385635.jpg



長い廊下を渡った先が、お部屋になっています。

椅子席あり、掘りごたつ形式のお座敷あり、宴会場ありと
様々な人数に対応できそうです。



e0241093_21394724.jpg




e0241093_21403965.jpg




e0241093_21412170.jpg



畳敷きの廊下の先の個室からお庭を望む


部屋の中は、古さを物語っています。
もともとは名のある旧家だったのでしょうか?


e0241093_214242.jpg




席につくとしばらくして、
できたての「すくい豆腐」がやってきました。
お代わり自由と言われても、そんなに食べられないよ~~。

醤油か・塩でいただきます。


e0241093_21423076.jpg



お昼限定のメニュー


ゆば入りこんにゃく・揚げだし豆腐・ひじきの煮物

うの花・生ゆばお造り・煮物

ゴマ豆腐をくずで固めたもの・ゆばのきんぴら・お新香




e0241093_2143053.jpg



この生ゆば、おいしいです。
さすが、ゆば料理専門店、

ここまで色々と楽しめる、湯葉・豆腐料理のお店はなかなかないですね。

店内、満室のようでした。


e0241093_21464640.jpg


ゆば入り茶碗蒸し、もっちもちです。

くりご飯・椀物

豆乳チーズケーキ・果物

湯葉料理のフルコースですね!

手前の白い液体は豆乳です。

飲みやすくなっています。



e0241093_2144555.jpg



こんな田舎なのに(失礼)とっても賑わっているお店、
おいしさで評判なのでしょうね。

大変、満足できるお店です。

豆腐・湯葉料理なので、高齢者にも喜ばれますよ。
[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-12 12:00 | 秘湯・茨城2010

【茨城・袋田】袋田の滝

日本3名瀑のひとつで、高さ120m、幅73m、
4段に落下することから別名4度の滝とも呼ばれる、袋田の滝に行きました。

ちなみに、日本3名瀑の残り二つは華厳の滝那智の滝だそうです。




e0241093_2147554.jpg



上の写真は第一観瀑台から見たもの。

ここからの滝は大迫力で、台風の通り過ぎた直後で、普段よりも水量が多くて、
水しぶきでびっしょりになるほど。



e0241093_21483710.jpg



この写真はトンネルの突き当りになるのですが、
第一観瀑台までは
長いトンネルになっていて、車いすでも通れるスロープになっています。

入り口付近の売店では、貸し出し用の車イスが置いてあって、
足の悪い母のために貸してくれました。

おかげで、母もこの滝をまじかに見ることができました。



e0241093_21502225.jpg



第2観瀑台まではエレベーターがあって、ここまでは車イスでも行けます。
その先は、階段なので足の悪い人はここまで。

ちょっと母には休んでいてもらって、階段の上まで行ってきました。


e0241093_21505868.jpg




上から見下ろした滝、
こんなところに岩があったんだって、初めて気づきました。





e0241093_2152582.jpg



観瀑台から降りてきて、
吊り橋を渡る手前です。

ここまではトンネルでつながっています。


e0241093_2152574.jpg




水しぶきが凄くて、煙ってしまいます。


e0241093_21532753.jpg




まだ紅葉には早くて、
やっと一本だけ色づいてる木を発見!

今年の紅葉はもうちょっと後でしたねぇ。



e0241093_2153584.jpg



最後に、台風のおかげで大迫力の1枚。
これだけの水量はなかなかないですね。



e0241093_21543381.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-12 09:00 | 秘湯・茨城2010

【茨城・袋田】茨城県唯一の秘湯!湯の澤鉱泉

日本秘湯を守る会の温泉宿は全国にたくさんあるけれど、
茨城県にはたった1軒だけ!

それが湯の澤鉱泉(ゆのさわこうせん)さん

袋田の滝という観光地の近くにありながら、車ですれ違うのは難しい道を入って行って、
周りには宿はおろか、人家も何もない所にある秘湯です。

秘湯の条件、
一軒宿であること、木造であること、源泉かけ流しであることに、
ちゃんとあてはまっています。


何の因果だか台風が近づいていて、
夕方から夜にかけて最接近するという天気予報

早く着けば大丈夫かな~~と悩んでいました。

朝、宿の方が確認の電話をくださいました。
普通なら15時チェックインの所を、事情が事情だけに早めにあけてくださることになって
14時頃には到着。雨脚も強くなってきていました。



そんなわけで、外観の写真はありません。


また、お風呂も入っている方がいたので、撮るわけにもいかず・・・

宿のHPで見てくださいませ。→湯の澤鉱泉


檜風呂と岩風呂があって、
夕食の最中に男女入れ替えになります。

鉱泉と名のつく天然の温泉、
こころなしかお肌がツルツルになった気がします。



別館に泊まりました。

長い廊下・スロープを通って


e0241093_21565770.jpg



待っていたのはこたつ!冷えた身体には嬉しいですね。



e0241093_2157528.jpg



造りは木造ですが、部屋の設備は近代的で、快適です。




お楽しみの夕食は


もずく酢、
さしみこんにゃく(地元の特産品)
揚げ出し豆腐・チャーシューなど、
湯葉で巻かれたもの、




e0241093_21583622.jpg


自宅庭?で採れたきのこごはん、
きびもち・とちの実のあんかけ
刺身盛り合わせ、
天ぷら(にんにくを大葉でくるんだもの・こんにゃく・うずらの卵など)



e0241093_21592189.jpg




自家製手打ちそば、
きのこ鍋、
鮎の塩焼き、
煮物




e0241093_21594229.jpg





地酒・久慈の山

ラベルは宿のオリジナル


e0241093_2201860.jpg




朝食
納豆(水戸の特産)
卵焼き、
きんぴらごぼう、
鮭の塩焼き、
切干大根、
卯の花、
マカロニサラダ、
りんご(久慈の特産)、
など。



e0241093_2205824.jpg




食べきれないほどの、もりだくさんのお料理でした。

茨城県とはいえ、山奥で、
自宅の庭で採れたきのこなどの心あたたまるおもてなしを受けて、
満足の一日でした。

日本秘湯を守る会の温泉宿、今の所ハズレなしですね。
ただし、お子様連れには向きません。

娯楽というより静けさ、のんびりと癒しが目的だから。

携帯の電波も入りにくかったりします。docomoは大丈夫だったけど,softbankはだめだった!

ネット・携帯から解放されたいときにはいいですよ~~。
[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-11 18:00 | 秘湯・茨城2010

【茨城・袋田】淡水魚水族館

日本一小さな水族館?

常陸大宮市山方にある淡水魚館です。




e0241093_228272.jpg



e0241093_2210109.jpg



名前なんだったかしら・・・

かわいらしいです。



e0241093_22124013.jpg



幻の魚といわれる イトウ

e0241093_22134684.jpg


館内は、全体が見渡せそうなほどこじんまり。


e0241093_22144412.jpg




触ってもいいコーナーもありました。
カメを持ち上げて、


e0241093_22154180.jpg



ひっくり返したら、まぁ!鮮やかなオレンジ色!
おなかがこんなにハデな色とは知らなかった!

e0241093_22163021.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-11 12:00 | 秘湯・茨城2010

【茨城・袋田】木内酒造&そば「な嘉屋」

茨城県、袋田の滝の近くにある、日本秘湯を守る会の温泉宿に行こうと決定
予約をしました。


ところが

・・・なんと!その日は台風が

もともと歩き回る予定では無かったけど、行くのも大変。
外の観光は無理だし・・・

どこに行こうかと悩んでたら、こんな面白そうなところを見つけました



常磐道の那珂ICを下りてすぐ

木内酒造&そば「な嘉屋」さんがあります。

e0241093_22173730.jpg





e0241093_22182630.jpg




杉玉っていうんでしたっけ、
日本酒の造り酒屋さんの軒先につるしてありますよね。

吊るされたばかりの杉玉はまだ青いらしいです。これは新酒のあかし。
それが茶色になると、新酒の熟成の具合を物語るのだそうです。

う~~ん!いい茶色ですねぇ


e0241093_22192084.jpg




のれんをくぐると、
酒蔵と書いた札

ズラリとならんだお酒。

いっぱいありすぎて目移りしちゃいます。


e0241093_22201394.jpg




古い金庫?があって
中には桐のタンス???

もしかして一番貴重なものは酒作りの方法とか、配合を記したものだったのでしょうか?



e0241093_2221672.jpg




迷いに迷って
購入した数々

菊盛 純米吟造り
木桶仕込み
大吟醸



e0241093_22225591.jpg





2009年の梅酒コンテストで日本一になった梅酒
数々のビアカップで金メダルをとったという、ホワイトエールというビール


e0241093_22234413.jpg



この他にもまだまだ色々あったけど、とりあえず、どれもこれもお試しです。


隣には、お蕎麦屋さんがあって、酒屋さんを通り抜けると

目の前には堂々たる蔵が・・・

e0241093_22243559.jpg



e0241093_22253283.jpg





お蕎麦屋さんはこちら。
木内酒造の酒蔵の中で、手打ち蕎麦をどうぞ!って


e0241093_22264082.jpg



この独特の机の形は
昔、お酒を絞るための枠のリメイクだそうです。
木にお酒がしみ込んでいるんだって!

思わず、臭いを嗅いでしまいましたが、よくわかりませんでした。


e0241093_22273759.jpg



おそらく、ここでしか食べられない
水を使わずに酒だけで打った十割の酒蕎麦


e0241093_22292145.jpg



1日15食限定、まだありました!

お酒の香りが漂ってきます。
でも、このお店あちこちでお酒の臭いがするので、
だんだん何の香りなんだか、わからなくなってきます。


e0241093_2230621.jpg


ものすごく、コシがあって、おいし~~~い

e0241093_22304280.jpg



大満足の逸品でした。

お酒の好きな方、袋田の滝の観光の途中に立ち寄る価値大いにあります
[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-11 09:00 | 秘湯・茨城2010