カテゴリ:木曽2014( 5 )

【木曽2014】油木(あぶらき)美林

太古の自然が残る林
油木(あぶらき)美林

御嶽山の山麓に広がる樹齢300年以上といわれるヒノキの天然林

e0241093_16261726.jpg




e0241093_16221383.jpg




e0241093_16595385.jpg




e0241093_16231349.jpg




e0241093_173416.jpg


こもれびの滝

e0241093_16264080.jpg



e0241093_16244272.jpg




e0241093_1732639.jpg




e0241093_16231151.jpg




こもれびの滝から

こんな道をさらに進んでいくと

e0241093_16272689.jpg





不易の滝があります。

e0241093_16241149.jpg



e0241093_175866.jpg




サラシナショウマ

e0241093_162602.jpg





e0241093_1751480.jpg





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バスの車内から写したのでピンボケですが、


これはお墓ではありません。

霊神碑(れいじんひ)と呼ばれるもので、〇〇霊神とか、〇〇行者とか碑に彫られています。

e0241093_16181416.jpg



木曽御嶽山の山麓の油木美林に至る道には
このような霊神碑が約20000基あるそうです。


木曽御嶽山は日本の山岳信仰史において、
富士山(富士講)と並び講社として庶民の信仰を集めた霊山で
最高点の剣ヶ峰には大己貴尊とえびす様を祀った御嶽神社奥社がある。鎌倉時代御嶽山一帯は修験者の行場であったが、その後衰退していった



e0241093_16182584.jpg




木曽御嶽信仰における霊神信仰
霊神(れいじん)とは、過去の行者を神格化した存在である。
時代や地域に、講社によっても異なるが、その内容や特徴としては

死者の魂は御嶽山に行き、死後も御嶽山で修行している。
単なる祖霊、死霊ではなく、畏怖すべき神々の一員である。
御座で降りてきて託宣を下し、信者と対話できる。
講社や信者を守る存在である。
霊神碑を建てて、定期的に参詣する。
葬送儀礼や祖先祭祀(仏壇や墓参)からは独立している。


全ての行者に対して、霊神号が贈られるわけではない。霊神となった行者がその講社においては、礼拝尊崇の対象となるのであり、誰でも霊神になれるわけではないという。礼拝の対象となるのは行者のなかでも信者の信頼を受け、優れた能力を持ち、権威ある者に限られるという。







こちらは街灯にライチョウがついています。
御嶽の里と書かれていました。

e0241093_16215063.jpg






e0241093_17125540.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-08-28 10:00 | 木曽2014

【木曽2014】木曽の自然湖・寝覚ノ床

1984年の長野県西部地震で、大滝川の上流に大量の土砂が流れ込み、
川が堰き止められてできた自然の湖。
いつしか近所の人々に自然湖と呼ばれるようになった。

震災前は深い渓谷だったらしいが、今は水深25mくらいの湖。

立木が林立している姿は美しいが、
やがては水に漬かった木が枯れてしまうのではと危惧される。



e0241093_15575037.jpg



e0241093_1558643.jpg



カヌーによるツアーガイドもあるが、この日は朝からの雨で増水していて中止だったようです。


e0241093_1559448.jpg




e0241093_15595867.jpg



e0241093_1603218.jpg






===========================================



寝覚ノ床(ねざめのとこ)



浦島太郎が竜宮城から戻ってきて、諸国を回ったあと、
この地方の景色が気に入り、滞在したのち
この渓谷で玉手箱のふたをあけて300年の眠りから目覚めたという伝説の地。


e0241093_163065.jpg



e0241093_1664010.jpg






e0241093_1681171.jpg



e0241093_1674551.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-08-27 10:00 | 木曽2014

【木曽2014】柿其(かきぞれ)渓谷・自然湖

柿其(かきぞれ)渓谷

e0241093_11542143.jpg



e0241093_126313.jpg




e0241093_127367.jpg





e0241093_120457.jpg



恋路の吊り橋

一度に5人までしか渡れない

e0241093_1205562.jpg



こんな階段を登って、渓谷の横を散策

e0241093_1221467.jpg



e0241093_1224091.jpg




e0241093_1231550.jpg




牛が滝

e0241093_1255738.jpg



e0241093_124967.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-08-26 10:00 | 木曽2014

【木曽2014】木曽御嶽山の高山植物

木曽御嶽山の飯森高原駅には高山植物園があり、
季節の高山植物を色々と見ることができました。

ガイドさんが花の名前を教えてくれたけれど、すべて覚えられず、
詳しくないので違っているかもしれません。



マツムシソウ

e0241093_10592392.jpg



ワレモコウ

e0241093_1114742.jpg




シラタマノキ

e0241093_1112236.jpg



ノコンギク

e0241093_1121957.jpg




コマクサ

e0241093_1125085.jpg



ヤナギラン

e0241093_1133515.jpg



キンロバイ

e0241093_1135853.jpg




オヤマリンドウ

e0241093_114504.jpg



クガイソウ

e0241093_1145410.jpg



ヤマハハコ

e0241093_115364.jpg



ウド
e0241093_11612100.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2014-08-25 10:00 | 木曽2014

【木曽2014】木曽御嶽山

暑い関東地方を逃げ出して、夏でも寒い木曽御嶽山に行きました。

今回はバスツアーでの行動です。

この日はとてもいい天気で、途中休憩で立ち寄った諏訪湖SAから八ヶ岳が良く見えました。

e0241093_9502686.jpg



諏訪湖

e0241093_9505272.jpg



そしていよいよ木曽御嶽山へ

ロープウエイ乗り場から
ベゴニアのお花畑と木曽御嶽山


e0241093_9521969.jpg




e0241093_952255.jpg



e0241093_9524829.jpg



木曽御嶽山は独立峰では富士山に次ぐ高さ。
5つの高山湖と5つの峰からなる日本百名山の山です。

ロープウエイで行けるのは標高2150mまで。
片道約4時間の登山で
木曽御嶽山の最高峰「剣ヶ峰」3067mに至るそうです。


e0241093_9523527.jpg


霊山でもあり信仰の山です。

月山でも見かけましたが白装束を着て登っている人もいました。

各合目ごとに山小屋があり、幻の滝とも言われる日本最高の標高2690mの滝は
雪の解ける6月に現れて、秋まで姿を見せるとか。

今回はロープウエイのみですが。いつか登ってみたいなあ。


このロープウエイは片道15分で
標高1570mの鹿の瀬(かのせ)駅から
飯森(いいもり)高原駅2150mまで登ります。

e0241093_10205144.jpg



e0241093_9562993.jpg



飯森高原駅より
御嶽山

e0241093_10551325.jpg




北アルプス方向

e0241093_1021182.jpg



乗鞍岳
e0241093_10213873.jpg



こちらは 木曽駒ヶ岳・八ヶ岳方向


e0241093_10294323.jpg



虹が見えました

e0241093_10221595.jpg




御嶽社

e0241093_1031890.jpg



e0241093_10312646.jpg





e0241093_10453434.jpg



e0241093_10462511.jpg



e0241093_10492398.jpg




ウッドチップを敷き詰めた しらびその小径(こみち)
気軽にトレッキングが楽しめる歩きやすい道です。

e0241093_10504565.jpg



e0241093_1051263.jpg





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この御嶽山の写真は2014年8月22日のものです。
約1か月後の2014年9月27日11時52分に御嶽山は噴火しました。
突然の噴火で大勢の死傷者が出ました。1か月前に訪れた地だけにとてもびっくりしています。
噴火で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、現在行方不明の方たちの一日も早い発見・救助を心よりお祈り申し上げます。
[PR]

by tabi-omoide | 2014-08-24 12:00 | 木曽2014