カテゴリ:山形2013( 14 )

【山形2013】米沢・上杉家御廟所

上杉家御廟所

米沢では「御廟」または「おたまや」と呼ばれている。

上杉家初代の謙信から12代までの歴代藩主の墓所である。


e0241093_8511276.jpg


e0241093_8514777.jpg



e0241093_8522145.jpg




e0241093_8524783.jpg



中央には 謙信公の墓所がある。 

e0241093_8532199.jpg


e0241093_8535072.jpg



右側が 奇数の代の藩主たちの墓所

e0241093_8543986.jpg



左側には 偶数の代の藩主たちの墓所

e0241093_8541339.jpg





上杉鷹山公の墓所

e0241093_8551656.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2013-09-05 10:00 | 山形2013

【山形2013】米沢・上杉神社

上杉神社

米沢藩上杉家の家祖・上杉謙信公をお祀りする神社

併せて米沢藩中興の名君である上杉鷹山を合祀したが、
鷹山は新たに「松岬神社」に遷され、上杉神社は再び謙信のみを祀ることとなった。

毘(び)と龍の旗

e0241093_758438.jpg


毘の1文字は毘沙門天からいただいたもの。
謙信は自ら毘沙門天の転生であると信じていたとされる。

e0241093_85675.jpg




上杉謙信の像

e0241093_834739.jpg




こちらは上杉鷹山の像

上杉鷹山は上杉家9代藩主
アメリカの35代大統領 ジョン・F・ケネディ氏が最も尊敬する政治家として
上杉鷹山の名を挙げたことは有名である。

e0241093_810444.jpg




e0241093_853114.jpg


鷹山の有名な家臣に示した和歌

e0241093_86775.jpg






e0241093_863611.jpg



上杉謙信公 家訓16条

e0241093_87186.jpg




e0241093_873484.jpg




稽照殿(宝物殿)
謙信・鷹山等の遺品などが展示されている。

e0241093_8392885.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2013-09-04 10:00 | 山形2013

【山形2013】日本秘湯を守る会・広河原 湯の沢間欠泉 湯の華さん

今までにいくつもの日本秘湯を守る会の温泉を訪れて来ました。
冬季閉鎖の温泉はここが初めてでしたが、
ここは本当に秘湯というか、秘境のレベルで、今迄に行ったどこよりも到達難易度の高い秘湯です。

日本秘湯を守る会・広河原 湯の沢間欠泉 湯の華さん

日本でたった一つの入浴できる間欠泉です。


e0241093_10405220.jpg



e0241093_1041234.jpg


湯の沢間欠泉は、430年くらい前に金採掘者が発見し、
そのまま温泉として利用されたと言われています。
明治・大正の間は湯治場として栄えていたそうです。

間欠泉は10~20分に一回吹き上がります。
一日に一回は5mを超える噴出もあるらしいです。

私が入っている間にも2mほどの噴出が見られましたが、迫力ありました。

ここの間欠泉温泉は 混浴ですが 
女性専用時間(20:00~21:00)もあり、
それ以外の時間でもバスタオル巻きOKなので女性でも安心して入れます。


お風呂の写真はありません。宿のHP http://kanketusen.com/ でごらんください。


こんな秘境での夕食は
想像以上に豪華でした。

e0241093_10502580.jpg




e0241093_10504723.jpg




e0241093_1051941.jpg



やまめの刺身
e0241093_10513089.jpg


米沢牛ステーキコースを選びました
e0241093_1052019.jpg


この他に鍋もあっておなかいっぱい

山奥の自家発電の秘湯で、こんなに贅沢なお料理をいただいて感激です。

ここまで材料を運ぶのも大変。周りにはお店どころか人家もありません。
最寄りのお店までどのくらいかかるのでしょうか?

電車で行く人には送迎もあるそうですが、最寄駅から車で1時間くらいありそうです。


朝食
e0241093_10523078.jpg



11月中旬~4月末までは営業は休み。
日帰り入浴も可能ですが、車で行くなら4輪駆動車がおすすめです。
普通の乗用車、それも大きい車で行くと苦労します(^_^;)
[PR]

by tabi-omoide | 2013-09-03 10:00 | 山形2013

【山形2013】月山・湯殿山

月山神社は1984mの月山の頂上にあります。
八合目まで車で行って、片道2時間の登山をするか、
リフトで登り、姥が岳経由で2時間半ほどの登山をしないとたどり着けないところにあります。

登山の準備も覚悟も無いので、リフトで上がり、
姥が岳までハイキングして、そこから月山神社を仰いできました。

e0241093_9555810.jpg



e0241093_9562184.jpg



e0241093_9564857.jpg



雪渓も残っていました。
e0241093_9573226.jpg



e0241093_958086.jpg



月山神社
e0241093_9583948.jpg


松尾芭蕉は 月山では

「雲の峰 幾つ崩れて 月の山」 という句を詠んでいます。


姥が岳山頂
e0241093_1003122.jpg


山頂からの風景
e0241093_1011689.jpg



高山植物が綺麗でした
ニッコウキスゲ
e0241093_1021260.jpg



コバイケイソウ
e0241093_1024271.jpg


e0241093_103837.jpg



チングルマ
e0241093_1034127.jpg



ハクサンボウフウ
e0241093_1042030.jpg




===================================

このあと湯殿山に行きました。


e0241093_10733100.jpg


湯殿山は 問わず語らずの山で、
御神体については 写真撮影も禁止、語ることなかれのお山です。

お清めをしていただいてから、参拝してきました。



芭蕉も湯殿山では

「語られぬ 湯殿に濡らす 袂かな」 という句を残しています。
[PR]

by tabi-omoide | 2013-09-02 10:00 | 山形2013

【山形2013】日本秘湯を守る会・月山志津温泉「まいづるや」さん

日本秘湯を守る会、月山志津温泉の「まいづるや」さんに行きました。

ここは月山に登る人の利用が多いのでしょうね。
いかにも登山というスタイルの人も見かけました。

e0241093_924625.jpg


お風呂の写真は無いですよ。
時間で男女別のお風呂(大きさが違う)を入れ替えです。

夕食

山形名物のだしなど。
e0241093_931083.jpg


手前のきのこは、とんびまいたけというそうです。

e0241093_93287.jpg


米沢牛の陶板焼き
e0241093_934962.jpg


岩牡蠣 この季節のもの・冬に食べる真牡蠣とは大きさが違いますね。
e0241093_94864.jpg



地元のワイン・めったに手に入らないらしい。
e0241093_942785.jpg



尾花沢すいか
e0241093_945488.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
翌日の朝食
e0241093_951466.jpg



まいづるやさんのすぐそばに五色沼があり、
朝の散歩に行きました。

e0241093_920272.jpg


朝もやでけむっています。
e0241093_92114.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2013-09-01 10:00 | 山形2013

【山形2013】出羽三山神社・羽黒山

出羽三山は、月山、羽黒山、湯殿山の総称であり、古くから山岳修験の山として知られている。
開山は約1,400年前、第32代崇峻天皇の皇子である蜂子皇子(はちこのおうじ)が三本足の霊烏に導かれ、羽黒山に登拝し、羽黒権現を獲得、山頂に祠を創建したのが始まりとされている。
皇子はさらに月山権現と湯殿山権現を感得し、三山の開祖となった。以後、羽黒派古修験道として全国に広がった。
鶴岡市HPより


羽黒山が現世(正観世音菩薩=観音浄土=現在)、
月山が前世(阿弥陀如来=阿弥陀浄土=来世)、
湯殿山が来世(大日如来=寂光浄土=未来)という三世の浄土を表すとされます。

近世の出羽三山詣では、羽黒山から入り、月山で死とよみがえりの修行を行い、
湯殿山で再生する巡礼が多く行われ、生まれ変わり(死と再生)の意味をもった「三関三渡(さんかんさんど)」の旅とされました。
羽黒町観光協会HPより


私は、修行の意味でのお詣りではなく、ただの観光客ですが、
どうせ行くならと、羽黒山・月山・湯殿山の順に訪れることにしました。


羽黒山神社
e0241093_9253083.jpg


e0241093_926945.jpg



e0241093_9263648.jpg



随神門

e0241093_927884.jpg



e0241093_9274593.jpg


羽黒山石段参道
江戸時代に天宵別当が13年の歳月をかけて作った。
2446段ある。
e0241093_9292484.jpg



e0241093_9295815.jpg


e0241093_9302544.jpg


爺杉

e0241093_931918.jpg



e0241093_9315930.jpg


爺杉と五重塔
e0241093_9323159.jpg



国宝羽黒山五重塔

平安期、平将門の建立とされ、慶長3年(1608年)に最上義光が修造した。
東北地方における唯一の国宝五重塔

e0241093_935717.jpg



e0241093_9354587.jpg



e0241093_9361362.jpg



e0241093_9363576.jpg




出羽三山神社・三神合祭殿
本来なら羽黒山神社・月山神社・湯殿山神社は別々のものであるが、
月山と湯殿山は冬は豪雪で詣でることができないために
出羽三山神社・三神合祭殿として合祭する形をとっている。



e0241093_109750.jpg



e0241093_1093433.jpg



松尾芭蕉の銅像

e0241093_10273824.jpg


芭蕉は 羽黒山では

「涼しさや ほの三ヵ月の 羽黒山」の句を詠んでいます



三神合祭殿
中央に 月山神社
右に 出羽神社
左に 湯殿山神社 と書かれています。

e0241093_1010449.jpg


厚さ2.1mの茅葺の屋根
e0241093_10103370.jpg





崇峻天皇皇子・蜂子皇子のお墓
ここだけが宮内庁の管轄
e0241093_1011565.jpg



e0241093_10113615.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2013-08-31 10:45 | 山形2013

【山形2013】庄内映画村

大自然に囲まれたところを延々と走ってたどり着きました。

庄内映画村です。
パンフレットには、大自然の中の異次元ワールドと書かれているけれど、まさにそんなかんじ。


入り口には、映画「おくりびと」に登場した銭湯を鶴岡市内から移転したものがありました。

鶴乃湯
e0241093_10435227.jpg


男湯
e0241093_8391178.jpg


女湯
e0241093_8393924.jpg




映画村の中はとてつもなく広いので、一日乗り放題のバスを利用して回ります


山間集落エリア
e0241093_840189.jpg


水車小屋

e0241093_856276.jpg


文四郎の家
中に昔からの遊具が置いてあります。
e0241093_8402760.jpg



こんなふうに運んで移築する

e0241093_8405836.jpg




宿場町エリア

2本の通りをはさんで、旅籠・商家・飯屋などの40軒の町家が並んでいる。

年代を感じさせる煤け具合がいい土蔵

e0241093_841334.jpg



e0241093_8422371.jpg




e0241093_842521.jpg



e0241093_8432273.jpg



農村エリア
e0241093_84404.jpg


馬車で回ることもできます。
e0241093_8443490.jpg


おしんの生家
NHKの朝ドラ「」おしんで使われたセットを移築、
今秋公開の映画「おしん」で使用された。

e0241093_845254.jpg



e0241093_845335.jpg





商家の屋敷 内部

e0241093_8455923.jpg



e0241093_8463318.jpg




映画製作体験コースなどもあるようです。

この日はやって無かったし、暑くてヘトヘト
冬は雪が深くてお休みです。

4月27日から11月下旬までの営業らしい。


============================================

途中に立ち寄ったお店での昼食

待っている間に出してくれた、自家製?豆腐

e0241093_8464243.jpg


ここの地方には、麦切りというものがあります。
うどんのようなもの。うどんは小麦で作るけど、麦切りは大麦で作るという説もあるし、
どちらも小麦と書いてあったり・・・。
冷たいものを指すようで、ざるうどんのようなものですね。

そばと麦切りの盛り合わせ

e0241093_84765.jpg



麦切りと天ぷらセット

e0241093_8533739.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2013-08-30 10:00 | 山形2013

【山形2013】鶴岡・加茂水族館

鶴岡市立の水族館で人もあまり来ない水族館が一転、大人気の水族館となった加茂水族館
それは、ここが世界一多い種類のクラゲを展示している、クラゲ水族館として有名になったから。

e0241093_10521151.jpg



e0241093_1063096.jpg


こんなところに建っています。

e0241093_109858.jpg


クラゲしかいないわけではありません。
e0241093_1095067.jpg



ウミネコの給餌体験もやっていました。
e0241093_10102428.jpg



e0241093_10105082.jpg



暑さで参ってるアザラシ、水浴び中?
e0241093_10112366.jpg




いよいよ本命
クラゲコーナー


サカサクラゲ

e0241093_10152122.jpg



e0241093_10145871.jpg



e0241093_10154433.jpg



タコクラゲ

e0241093_1016985.jpg



e0241093_10162745.jpg




オワンクラゲ

e0241093_10222683.jpg



e0241093_1022484.jpg



ベニクラゲ

e0241093_10233324.jpg


e0241093_10235466.jpg



ハナガサクラゲ

e0241093_1034720.jpg



e0241093_1034323.jpg



光を当てたり、照明を変えたりすると実に綺麗なクラゲたち。



ミズクラゲ

e0241093_10211274.jpg



e0241093_10214159.jpg



e0241093_10311084.jpg



e0241093_10313452.jpg




カブトクラゲ

e0241093_10322220.jpg


e0241093_10325055.jpg



e0241093_10331717.jpg



まだまだたくさんあったのですが、このへんにしておきます。

クラゲが人気なのは癒されるからかしら。


大混雑の 加茂水族館でした。

工事をしていたので、リニューアルされる日も遠くはなさそうです。
[PR]

by tabi-omoide | 2013-08-29 10:00 | 山形2013

【山形2013】鶴岡・居酒屋すずしろさん

この日は鶴岡のホテルに泊まって、居酒屋に行きました。
鶴岡郵便局の近くの「すずしろ」さんにて。

おまかせ5品を注文

夏野菜のピクルス
e0241093_1039109.jpg


すずきのお造り
e0241093_10393415.jpg


豚肉の柳川鍋

e0241093_10424897.jpg


茄子の田楽

e0241093_1043532.jpg


さわら

e0241093_10405243.jpg



郷土料理では無かったけれど、地酒と美味しい肴での夜でした。

温泉旅館もいいけれど、夕食なしのホテルに泊まって、
居酒屋でその土地のものをいただくのも、旅先の楽しみです。
[PR]

by tabi-omoide | 2013-08-28 10:00 | 山形2013

【山形2013】鳥海山・元滝伏流水

山形県と秋田県にまたがる鳥海山にドライブしました。

日本百名山 なので、登山者もいっぱいいました。
今回はドライブだけです。

e0241093_1002551.jpg



e0241093_1005177.jpg


鳥海山ブルーラインを通って、車を降りて

元滝伏流水目指して歩きます。


e0241093_1023360.jpg



e0241093_103136.jpg


水しぶきでけむっています。
e0241093_1033834.jpg


e0241093_104329.jpg





元滝伏流水
e0241093_1042971.jpg


e0241093_105166.jpg



真夏で暑いけれど、ここはさわやかでした。



=====================================

途中で立ち寄った道の駅 鳥海 ふらっと
ここでの名物は海鮮ですね。


うにいくら丼
e0241093_9504699.jpg



海鮮丼
e0241093_9512072.jpg



ちょうどお昼どきだったので、とても混雑していました。
おいしいから大人気。
[PR]

by tabi-omoide | 2013-08-27 10:00 | 山形2013