カテゴリ:ドバイ2007( 7 )

【アラブ首長国連邦】Burj Al Arab (ブルジュ・アル・アラブ)

ドバイのガイドブックやパンフレットに必ず出てくる、この特徴的な建物は

Burj Al Arab (ブルジュ・アル・アラブ)という名前の7つ星ホテルです。

日本のガイドブックなどには、バージュ・アル・アラブと書かれていることが多いけれど、
現地では正しくは、ブルジュ・アル・アラブと呼ぶそうです。

ダウ船という、アラビア船の帆が風を受ける様子を表した外観で、
ブルジュ・アル・アラブとはアラビア語で「アラビアの塔」という意味だそうです。
高さ321m

離れた所から全景を撮影

e0241093_1024211.jpg




7つ星ホテルはセキュリティも当然厳しく、
宿泊かレストランの予約をしない限り、いきなり行っても入れません。


宿泊は1泊15万円、2泊以上とかいう非常に高いハードル

せめてランチで気分を味わいましょう。


近くまで来ると堂々たる圧倒感

e0241093_1031581.jpg



ロビーも豪華絢爛
e0241093_103553.jpg



e0241093_104672.jpg



エントランスの吹き抜け

e0241093_1043283.jpg




e0241093_1045744.jpg



最上階にあるAl Muntaha(アル・ムンタハ)という
レストランに行きました。


天井の色彩にもびっくり!

e0241093_1053058.jpg



e0241093_9262239.jpg


ランチといってもコースで¥15000くらい(2007年当時)
食材も超一流の最高級


前菜

e0241093_1062463.jpg



メインはwagyu?ん?
和牛をチョイス。

さすが日本のお肉はおいしいと言うことね~


e0241093_819404.jpg




和牛の時点でおなかは満足。

デザートはチーズをいただきました。
添えられているのはチャールズ皇太子の紋章入りのDUCHY ORIGINAL のオートミールビスケットでした。


e0241093_1065626.jpg



ご自由にどうぞのお茶の友

e0241093_1071668.jpg



高さ300mの
窓からの眺めは最高

右に見えるのはジュメイラ・ビーチホテル

e0241093_1073623.jpg




この階のトイレを利用しました。
洗面台です。
アメニティはエルメスでした。

e0241093_8192532.jpg



下の階でみつけた
ブルジュ・アル・アラブの模型

なんとスワロフスキー製

ほんとお金があり余っているのね~~

e0241093_1084713.jpg



向こう側に写っている人がいかにものアラブの服装ですね。

e0241093_1085611.jpg



ホテル前の車も超高級

アストンマーチン、ロールスロイスなどなど。

e0241093_109337.jpg



e0241093_1091754.jpg




ブルジュ・アル・アラブでは、普段味わうことのないリッチなひと時を過ごしました。



あちこち手配して、連れて行ってくれて、
またこのブログを書くに当たり、地名・表記など様々な助言をしてくれた友人のおかげで
充実した盛りだくさんのドバイ滞在になりました。
大変感謝致しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

楽しかったドバイを後に帰国です。

なんとドバイ発は深夜の2:45

もう何ごはんなのか体内時計もわからなくなりそう。

帰りの機内食

e0241093_10135598.jpg




日本行きだから、ごはんが付くのはいいけれど、
パンにマフィンまでの炭水化物!

e0241093_1014623.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-25 10:00 | ドバイ2007

【アラブ首長国連邦】ドバイのショッピングモール

埼玉県程の面積のドバイにはショッピングモールが50個もあるとか。



ショッピングモールの大きさもケタ違い、
砂漠の国アラブ首長国連邦にスキー場やら、スケート場を作ってしまう、
さすがお金持ちの国はやることが違う!


どこの国かと思えるこちらは
イブン・バトゥータ・モール


アラブから中国まで旅をした冒険家イブン・バトゥータが、訪れた国を再現?
モール内が6つのゾーンに分かれてます。

モールにいながらにして、
世界の各地に行ったような錯覚を起こさせるインテリアは見事です。

インパクトが強いので、通った所を間違えなくていいかもしれない。


こちらは中国ゾーン

e0241093_9134655.jpg



ペルシャゾーン

e0241093_9135458.jpg



エジプトゾーン

e0241093_914350.jpg



e0241093_914195.jpg



e0241093_9142993.jpg




アンダルシアゾーン


e0241093_9143567.jpg




広いので全部見るのも大変です。
ゾーンの中には、様々な店が入っています。



ドバイのタクシー


ベージュ色にカラフルな屋根。

出稼ぎの運転手さんの国籍は何か国でしょう?

アラブ首長国連邦の人はいないのでは?



e0241093_915432.jpg




スーク・マディナット・ジュメイラ

ガイドブックなどには、スーク・マディナ・ジュメイラと書かれていますが
アラビア語ではマディナ(都という意味)は、後に言葉が続くと、マディナットと変化するそうです。



古代アラブの市場、スークを再現

e0241093_9154690.jpg





e0241093_921646.jpg






e0241093_9212555.jpg


写真中央にあるのは、バラジェールという名の
伝統的なアラブの全方位型ウインドタワー。
昔の空調設備です。


風を家の中へ取り込み空気の流れを作り、部屋の温度を下げるという自然のクーラーだそうです。


e0241093_8524088.jpg








川が流れて、船がゆらゆら・・・?

どこかのテーマパークに居るみたいです。

スーク・マディナット・ジュメイラの外の階段

e0241093_9163824.jpg




記念写真を撮りたくなるのはどこの国でも同じ

e0241093_9164629.jpg




ドバイと言えば・・・有名なこの形、
Burj Al Arab (ブルジュ・アル・アラブ)も見えています。
e0241093_917429.jpg



じゃあ!次は Burj Al Arab (ブルジュ・アル・アラブ)へ行ってみよう!
[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-24 09:00 | ドバイ2007

【アラブ首長国連邦】ジュメイラモスク

ドバイにあるジュメイラモスク

ジュメイラとはアラビア語で美しいという意味があるのだそうな。


e0241093_1041842.jpg


ここは、ドバイでは唯一異教徒の立ち入りを許されている所で、
礼拝する人の他にも観光客がたくさんいました。

曜日・時間は限定されますが、中の見学ができます。


e0241093_1045585.jpg



e0241093_1051698.jpg




e0241093_1052641.jpg



e0241093_105617.jpg



肌を露出する服装で行くと入れません。
女性は髪をかくすスカーフが必要です。

ここまでする必要のない服装だったのですが、貸し出してくれるので着てみました。



e0241093_1094454.jpg



この無料貸し出しの衣装を、着てみたいという思いは女性の万国共通?
サリーを着ていたおそらくインド人と思われる女性。サリーの上から着ていましたよ。
サリーを巻きつけていて、肌の露出は無いのにね。


e0241093_106756.jpg




e0241093_1061875.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-23 10:00 | ドバイ2007

【アラブ首長国連邦】シャルジャ

アラブ首長国連邦

アブダビ、ドバイ、シャルジャ、ラアス・ル・ハイマ、フジャイラ、アジュマン、ウンムルカイワインという7つの首長国から成る連邦制の国家です。
ペルシャ湾に面し、国土の大半は砂漠に覆われています。

~~~~~~~以上外務省のHPより抜粋。



日本からドバイにはフリータイムの多いツアーを利用して行きました。
というのも、ドバイに友人が住んでいるから。


その友人に案内してもらって、
ドバイのお隣の州、シャルジャに行きました。

ドバイから10km位だそうです。


街角の風景

e0241093_955598.jpg




英語を見れば銀行であることがわかります。

e0241093_9552938.jpg



薬局

e0241093_9545510.jpg



シャルジャにはHeritage Area(ヘリテージエリア)という

昔の様式で復元されたアラブの伝統的な建物が並ぶ地域があり、
博物館や、スークなどがあります。



ヘリテージエリアのカリグラフィ・スクエア


後ろに見えている、上にウィンドタワーがついている白い(一番左は薄茶色)建物は
ヘリテージエリアの外にある1階がお店、それから上はアパートになっているビルですが、
今は取り壊されてひとつもありません。(友人談)


e0241093_954439.jpg




ヘリテージ・エリアの広場の一角


e0241093_9543234.jpg



Al  Hisn  Sharjah Fort (アル・ヒスン・シャルジャ・フォート)

シャルジャのアル・ヒスン要塞です。


e0241093_9551332.jpg




e0241093_9553956.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-22 09:53 | ドバイ2007

【アラブ首長国連邦】砂漠の4WDドライブ・デザートサファリ

もともとは国土の大半は砂漠だったのでしょうが、
今やすっかり開発が進みドバイの中心部には砂漠などまったくありません。

車で砂丘のあるところまで行って、
4WDに乗り換えます。


e0241093_9343830.jpg




普通の状態のタイヤでは走れないので、空気を抜いての走行です。


砂漠といっても平らではないのです。わざと丘になっている所を登ったり降りたり。
他では味わえない感覚!
なかなかスリリングでした。

車に弱い人は酔います。

e0241093_9344671.jpg





観光客用に、ラクダに乗って一回りする体験
正味5分くらい。

e0241093_9352787.jpg



こちらのラクダはひとこぶラクダ

e0241093_935375.jpg




こぶの上にじゅうたんを敷いて、乗れるように作られています。
高さを感じます。

e0241093_935030.jpg



引いてくれたのはこんなおじさんでした。

e0241093_9354812.jpg





水タバコの体験もあります。

e0241093_9355791.jpg





砂漠に沈む夕日

e0241093_9362472.jpg




このあと、ベリーダンスを見たり、バーベキューを食べたりしたのですが、
照明は暗めで、うまく写せませんでした。
[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-21 09:00 | ドバイ2007

【アラブ首長国連邦】エミレーツ・マリーナホテル&レジデンス

オープンしたばかりの、いや建築途中のホテル

エミレーツ・マリーナホテル&レジデンスに宿泊

なんとこの時は上記の名前だったのですが、

今はドバイ・ザ・ハーバーホテル&レジデンスに名前を変更


ドバイにはマリーナと名前の付くホテルが多いから紛らわしいのだそうな。



玄関前

e0241093_15271430.jpg



超高層のホテルですが、この当時は最上階は未完成
客室はもっと下の階だったのに、どうなっているのかな?って思って
エレベーターで上に行って、ドアを開けたら工事現場だった!!!

慌ててドアを閉じて逃げるようにして下降する。


e0241093_15273883.jpg



ちょっと離れると道を作ってたり、
そんな状態でオープンしないでよ~~~と言いたい。

e0241093_15274793.jpg



部屋からの眺めは最高

e0241093_1528251.jpg



e0241093_1548149.jpg




室内はコンドミニアム形式
友人4人で利用したのですが、
ダブルベッドルームと、ツインベッドルーム、
おそらく女中部屋と思われる部屋(ベッドあり)
キッチン、
リビング・ダイニングと広さも充分

e0241093_15284896.jpg



無駄に広いキッチン
e0241093_1551276.jpg




アメニティはロクシタンでした。
でもね、当時ロクシタンは日本では今ほど有名じゃなくて、
みんな知らなくて、
ま・とりあえず持って帰る~くらいの気持ちで持って帰ってきた。

今ならちゃんと毎日いただいてきたのになぁ~。


この広いキッチンとダイニングの利用で

マクドナルド食べてるのは誰ですか?

マックアラビアという地域限定品

e0241093_15564146.jpg





こちらは、スーパーのお惣菜

e0241093_15573142.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-20 09:00 | ドバイ2007

【アラブ首長国連邦】ドバイ市内観光

人気の高い航空会社、エミレーツでドバイまで行きました。

今は成田からも直行便が出ているのですが、行ったのは2007年の11月。
当時は中部国際空港・セントレア(22:45発)からドバイ(5:55着)です。
日本との時差は5時間遅れです。


行きの機内食

e0241093_14353777.jpg




アラビア料理?というより、普通に洋食。
ヨーグルトは日本製だった・・・。

e0241093_14354549.jpg



イスラム圏も初めてなら、中東地域に行くのも初めて。
ドキドキ・・・

到着は朝
つまり・・・
寝ぼけた状態で市内観光に入ります。


ドバイのクリーク(運河)

高層ビルが向こうに見えています。

e0241093_14411798.jpg



市内は整備されていて綺麗

e0241093_14412778.jpg



車もたくさん

e0241093_14413455.jpg




最初に訪れたのは
ドバイ博物館です。

e0241093_14414024.jpg



ドバイは、
昔は真珠採りの町でした

e0241093_1441483.jpg


当時の暮らしは、こんな作りの家に住んでいたそうです。

e0241093_14521488.jpg


e0241093_14523835.jpg



石油大国のアラブ首長国連邦(首都はアブダビ)ですが、
ほんの50年前までのドバイは砂漠の町で、急成長してきたのだとよくわかります。



アブラという名の水上タクシーに乗って、
クリークを渡ります。

e0241093_1511968.jpg



e0241093_1513178.jpg




着いた先にあったのは

スパイススーク(市場)
e0241093_1522476.jpg



e0241093_1523457.jpg




その先にあるのは
ゴールドスーク

e0241093_1524141.jpg



どこをみても金・金・金
こんな風のお店が並んでいました。

e0241093_1524937.jpg



観光バス
2階建て・アラビア文字が無ければどこの国のものやらわからないよね。

e0241093_15154916.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2011-10-19 09:00 | ドバイ2007