【広島2015】尾道・千光寺

尾道に居ながら、天気がすぐれず、
尾道を歩いてなかったので旅程最終日にやっと、千光寺に行きました。


ロープウエイで上がります。

e0241093_10331410.jpg


ロープウエイの中から千光寺と玉の岩(烏帽子岩ともいう)が見えます。


尾道の地名にも深く関係している千光寺の『玉の岩伝説』。
その昔烏帽子岩の頂にははるか遠くを照らす“宝玉”があったと伝えられています。
そのことから尾道水道は別名「玉の浦」とも呼ばれています。
現在は岩の頂に宝玉の代わりに玉が置かれ、夜になると三色に輝きます。

千光寺HPより

e0241093_11103316.jpg



e0241093_11105943.jpg



上からの展望

e0241093_1036288.jpg



e0241093_10364355.jpg



e0241093_10384752.jpg



e0241093_10365945.jpg



e0241093_1037132.jpg




ロープウエイは登りだけ利用して、下りは文学のこみちを歩きながら降りてきました。
尾道は多くの文人に愛され、
林芙美子、志賀直哉、正岡子規など尾道ゆかりの文人たちの石碑が並んでいました。

e0241093_1042491.jpg



正岡子規

e0241093_1043478.jpg




十返舎一九

e0241093_1046149.jpg



金田一京助

e0241093_10462599.jpg



志賀直哉 「暗夜行路」より

e0241093_1049594.jpg



林芙美子 「放浪記」より

e0241093_1051543.jpg



山口誓子

e0241093_113501.jpg



e0241093_1144186.jpg


柳原白蓮
e0241093_1141966.jpg



千光寺

大同元年(806)、弘法大師の開基とされる真言宗のお寺。千光寺山の中腹に位置し、尾道を代表する観光地「千光寺公園」はこのお寺を中心に整備されています。

朱塗りの本堂「赤堂」や”残したい日本の音風景100選”に選定された「鐘楼」はこのお寺のシンボル的存在。初詣のスポットとしても知られ、例年多くの参拝客が訪れます。


e0241093_115663.jpg



鐘楼


朱塗り唐づくりの鐘楼が断崖絶壁に建っています。この鐘は「時の鐘」として名高く、元禄初年より時刻を近郷近海に報じ近年はテレビ、ラジオを通じて「除夜の鐘」としてひろく人々に親しまれ、尾道の名物の一つにもなっています。

この鐘の特徴として鐘の上部に百八個のイボ(乳)がなく、梵字百字の真言と五智如来の種子が浮彫りになっておりこの地方では珍しい曼荼羅の鐘であります。


e0241093_1152847.jpg



e0241093_11143522.jpg



e0241093_11232222.jpg




俗に赤堂と呼ばれる千光寺本堂の本尊千手観世音菩薩は、33年に一度開帳の秘仏です。俗に火伏せの観音とも称されています。


e0241093_11115480.jpg



e0241093_1112886.jpg




e0241093_1144145.jpg



天寧寺の海雲塔
貞治6年(1367)に足利義詮が建立した国重文の塔婆(海雲塔)


e0241093_11342938.jpg



艮(うしとら)神社

旧市内で最古の神社と言われています。
境内に生えている楠は樹齢900年と言われ、幹の周囲は約7m。天然記念物にも指定されています。

e0241093_11361177.jpg



e0241093_11431678.jpg




e0241093_11434147.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-10-04 10:00 | 広島2015