【スイス2015】ツェルマット・マッターホルンとホテルSimi

ツェルマット

ツェルマットの街は、マッターホルンの視界を悪くすることにつながる大気汚染を防ぐため
ガソリン車の乗り入れを禁止しているので、
氷河特急などの電車で行くか、バスや車の場合は
手前のテーシュの駅からシャトル列車に乗って行くことになります。

テーシュ駅シャトル列車乗り場

e0241093_8435732.jpg



e0241093_8441936.jpg





e0241093_857082.jpg



チケット

e0241093_8493842.jpg



ツェルマットの街を歩いてみました。

e0241093_8244096.jpg



マーモットの噴水

e0241093_8251292.jpg



マッターホルンミュージアム

e0241093_825466.jpg



e0241093_826184.jpg



ツェルマットは日本の妙高高原と姉妹都市らしい

e0241093_8265234.jpg



そして この街に世界じゅうの人が来る理由 マッターホルン

マッターホルンは独立峰のため雲がかかりやすく、全体が見えないことが多いと言われます。
時間的に雲がかかっていた時もあったけれど、しっかりと全体を見ることができました。


e0241093_8275311.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ツェルマットの宿泊先は ホテルSimi


e0241093_8454974.jpg



e0241093_8451025.jpg



e0241093_9173568.jpg




夕食はホテル近くのデルビーというレストランに行きました。
日本人の多いツェルマット、このレストランには日本語メニューもありました。

このビールジョッキ1リットル入りです。

e0241093_8161636.jpg



e0241093_923456.jpg




これで1人前のカツとポテト!

e0241093_925320.jpg



翌朝は朝一番の電車に乗るため、ホテルの朝食はモーニングBOXにしてもらって
前の日のうちに受け取っておきます。


翌朝は日の出5:55ごろよりも前に早起きして朝焼けのマッターホルンが見える場所まで
早朝散歩

e0241093_844731.jpg



マッターホルンに少しづつ光が当たってきました。

e0241093_8451145.jpg



だんだんとピンク色になっていきます。

e0241093_8461424.jpg



e0241093_8465659.jpg



朝焼けのマッターホルン

e0241093_8484216.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2015-07-29 10:00 | スイス2015