【あずましい青森】太宰治記念館「斜陽館」と津軽三味線会館

津軽平野の真ん中あたり、金木という町で太宰治は生まれました。
実家は津軽でも指折りの大地主の津島家

太宰治記念館「斜陽館」

明治40年に落成した入母屋造りの建物は、1階に11部屋、2階に8部屋、倉が3つ等、
宅地と庭園を合わせて680坪の豪邸です。

現在は国の指定重要文化財になっています。
レンガの塀とひばをつかった豪邸は、ひときわ目を惹きます。


e0241093_15533398.jpg


父親は元貴族院議員も務め、30人もの使用人がいて、
金木のお殿様といわれたそうです。

e0241093_15535574.jpg



太宰は11人兄弟の10番目、6男でした。(生まれた時には既に長男・次男は他界)

e0241093_155832100.jpg



父親は多忙、母親は病弱で、乳母、使用人に育てられ、
かつ6男ということで、金持ちの家に生まれたとは言っても、
大事にされたかどうかは疑問。

e0241093_15544930.jpg



太宰の愛用したマント

e0241093_15545810.jpg



太宰の父親が特注で作らせた仏壇の説明

e0241093_15552889.jpg



彫刻・細工・蒔絵などが素晴らしい

e0241093_15551915.jpg



床の間には大きな飾り皿がありました。

e0241093_15553787.jpg



金融業の店が1階の一部にあります。

e0241093_1556711.jpg




e0241093_15555838.jpg




壁の四角いところには金庫でもあったのでしょうか?


e0241093_16212019.jpg



和洋折衷の建築の、どっしりした階段

e0241093_15561557.jpg




2階には洋室もあります。

e0241093_15564024.jpg




2階から見た庭園


e0241093_16424965.jpg




昭和25年から平成8年までは旅館だった「斜陽館」
旧金木町が買い取り、今は記念館になりました。

e0241093_15575310.jpg



近くにある津軽三味線会館との共通入場券

e0241093_1557585.jpg



こちらは津軽三味線会館

e0241093_1558149.jpg




中では生演奏も聞けます。

e0241093_15565174.jpg



津軽三味線発祥の地の金木町。
元祖仁太坊は金木町の出身で、門下の嘉瀬の桃、白川軍八郎らにより、
津軽三味線の基礎を築く。

e0241093_15572096.jpg



e0241093_15573463.jpg

[PR]

by tabi-omoide | 2011-09-18 18:00 | 秘湯・青森2011